VDE研究所でのケーブルと電線の試験および認証は国際規格に従っています
weyo / stock.adobe.com
2018-05-30 Seite 276 0

ケーブルと電線 – VDE研究所での試験および認証

ケーブルと電線は電気工学業界において配電およびエネルギー使用の中心的な意味を持ちます。その重要な機能のため、安全性には特に注意を払う必要があります。損傷がある場合は火災が発生する恐れがあります。VDE研究所はケーブルと電線のエネルギー、信号、データ伝送の試験および認証を行い、必要な安全性と品質に大きく貢献しています。

Contact

Stephanie Werner
リンク
データケーブル、中電圧ケーブル、高電圧ケーブルのいずれでも、VDE研究所は試験と認証を行います
VDE

断熱ホースや断熱テープからボディ保護剤や電圧テスターに及ぶケーブルと電線の試験と認定によって、当社の特別研究室は世界中で高く評価されている試験の範囲をカバーしています。試験は国内外で調和された基準に基づいて、指令要件を考慮した上で行われます。また、当社は開発段階における試験とサポートも提供しています。また、絶縁材料の長期調査の分野でも、当社は幅広く認識されています。1974年のHAR合意成立以降、当社はドイツのライセンスオフィスを務めています。

VDE研究所の火災試験センター

VDE研究所のケーブルと電線の火災挙動のための最先端の試験センターは、業界における高い火災試験への要求を満たしています。

VDE研究所の実験室では、建設製品規定(BauPVO)、つまり建物に敷設されたすべてのケーブルの試験と、自動車のケーブルや鉄道線路の試験およびその他多くの適用分野をカバーしています。ハロゲンフリー製品の試験のほか、非常に効果的な排ガス浄化のおかげで、ハロゲン含有ケーブルおよび電線の試験も行うことができます。試験のその他の重要なポイントは、ケーブルや電線の燃焼中に発生するかもしれない有毒ガスの検出です。

火災試験センターの建設の際、VDE研究所は最高水準の安全性と環境保護を考慮しました。汚染物質が大気中に放出される可能性が、排ガス浄化により防止されます。

VDE研究所の火災試験センターが提供するサービスは次の通りです。

  • DIN EN 50173またはIEC 11801によるデータケーブルの火災挙動
  • EN 50399(BauPVOの範囲内で)、 IEC/EN 60332-3-21〜-25またはVDE 0472-804といったVDEおよびIEC規格に準拠する一括りの火災試験
  • EN 60332(ISO 6722による自動車試験)に従った個別試験
  • EN 61034およびEN 50399による煙濃度の測定
  • EN 60754-1/-2によるハロゲン化水素酸または弱酸度の含有の特定など、有毒ガスの検出
  • 異なる基準によるハロゲンフリーと毒性指数の確認

データケーブル - 要件、技術評価と認証

VDE研究所でのケーブルと電線の広範な試験および認証
VDE

日常におけるITネットワークの重要性は増しており、ネットワークのセキュリティと信頼性もより重要になっています。信頼性の高いネットワークの前提条件は、すべてのコンポーネントの完ぺきな品質です。VDE研究所はこれによって、データケーブルとデータコネクター、その他のパッシブネットワークコンポーネントに独立した評価をすることができます。

データネットワークに対する要求は、第一に信号またはデータの伝送にあり、第二には特に工業的環境で、使用条件がさらなる課題を引き起こすことがよくあります。VDEによる特性の評価は、電気伝送特性に加えて機械的パラメーター、耐久年数試験、気温や化学薬品から火災試験までの非常に異なる環境への耐光性も含まれています。 

VDE研究所は、データケーブルの一般的な国内外規格に準拠した試験および認証のためのドイツ認定機関(DAkkS)から認められています。

そのノウハウによって規格化の成立と開発を積極的にサポートする従業員の標準知識は、引き続き顧客に大きな利点を提供します。 

データケーブルの高周波測定技術

VDE研究所では、対称データケーブルの高周波伝送特性の測定には、IEC/TR 61156-1-2に従ったBalUn-less方式に基づく最先端の高周波測定技術を使用しています。VDE研究所による高周波伝送特性の肯定的な検査後、クライアント(メーカーまたは販売店など)は「HF検査済み」という特別な証明書を受け取ります。

 

 

建設製品規定(CPR)に従ったケーブルと電線の試験

VDE試験済ケーブルと電線は安全で信頼性があります
demarco / Fotolia

建設製品のマーケティングのための調和のとれた条件を定めるための欧州議会および理事会の規定(EU)305/2011は、その製品のメーカーに対して市販のために性能宣言の提出を義務付けます。ここでは、製品の性能は特定の製品特性および関連する調和した技術仕様に基づいて記述されなければなりません。

これらの特性は建設製品規定(CPR)に記載され、機械的強度、防火、衛生、健康および環境保護などの分野に関するものです。このような多数の機械的および電気的試験のほか、火災の場合の動作の確認は、設計およびケーブルと電線の認可および適用において決定的な役割を果たします。建造物内に常設されているケーブルや電線も建設製品規定(CPR)の規制の影響を受けます。ケーブルおよび電線において、性能評価は火災の挙動、つまり火災の発生および拡大ならびに火災の場合の排出の観点から行われます。

性能の評価プロセスは建設製品規定(CPR)の付録Vで取り決められています。そこに記載されている5つの評価システムのうち、EN 50575には、どの火災クラスでどのシステムを使用する必要があるかが指定されています。当社の火災試験センターは、火災試験および煙密度測定の分野で最先端の試験設備を備えています。特に後者の試験は、火災の場合の人命救助に関連するため、肯定的な確認が最も重要となります。

VDE研究所:建設製品規定(CPR)に従った認証機関

VDE研究所は建設製品規制のための認証機関として指定されており、建設製品規定(CPR)に準拠したすべての試験および認証を実施することができます。さらに、すべての性能はシステム1+です。試験後、認証機関である当社によって作成される文書は、試験報告、EN 13501-6に従った分類レポート、システム1+の製品の証明書が含まれています。当社はこれらのサービスを国内外に提供しています。メーカーはまた、これらの文書に基づいて性能宣言を作成します。CEマークはメーカーが性能宣言を作成した建設製品に付けられます。

 

以下もご興味を持たれるでしょう