スイッチングケーブルとネットワークスイッチ
MWiner / Fotolia
2018-09-19 37 0

情報技術とITケーブルにおける新CENELEC規格

CENELEC(欧州電気標準化委員会)は最近、規格シリーズDIN EN 50174を更新しました。これにより、PoE(Power over Ethernet)の最新の開発に対し、ITケーブルの正しい設置、管理、文書化に関する要件と推奨事項が適用されます。データケーブルのためのVDE証明書は、リモート電源に必要なすべての試験パラメータを認証します。

Contact

Tobias Daum

PoEは、現代のネットワークにおける最も一般的なリモート電源システム(”Remote Powering”)です。電源は追加ケーブルや外部電源からではなく、データネットワークを介して供給されます。しかしこの使用は追加電力によって、特に熱的に、より多くの電気的負荷を受けるため、使用されるデータケーブルに対しての要求が高くなります。

DIN EN 50174 - PoEにとって(不)十分な規格ですか?

現在の標準部品DIN EN 50174-1および50174-2は、最新のIEEE PoE仕様を使用するITケーブル取り付けの際に考慮すべき重要な要件を含んでいます。ドイツで実施される規格、VDE 0800-174-Xは、DKE(DINとVDEにおけるドイツ電気電子学会電子情報技術委員会)から10月に発表されます。

しかし、DIN EN 50174シリーズの規格のアップデートは、リモート電源のための構造基準、またはリモート電源を備えた構造化建物配線の使用と操作のためのガイドラインにすぎません。
これら特定の使用のためのケーブルに関する要件を具体的に定義している特定の製品規格は、今日まで存在していません。そのため、リモート電源を備えたケーブル使用の特定の規格に準拠した製品認定は不可能です。

VDE研究所は、使用のための十分な試験を提供しています

VDE試験認証機関は、製造元に代替品を提供しています。
VDEマーク認証または生産監視付きVDE鑑定書(VDE-Reg)では、試験範囲にリモート電源にとって重要なすべてのパラメータが含まれます。ユーザーは、上記の構造標準の設置条件およびシステム規格の性能限界を確認すれば、VDEマークまたはVDE-Regのデータケーブルを介してPoEを安全に操作することができます。当社のVDE認証試験では、高周波伝送特性とEMCパラメータだけでなく、以下も考慮しています。

  • 材料特性、
  • 機械的挙動、
  • 耐熱性、
  • さまざまな環境での影響に対する耐性、
  • 耐用年数検査 および 
  • 火災挙動の評価。

競合の一歩先で、あなたのPoE対応のデータケーブル試験のためにカスタムオファーにサインアップしましょう。

VDE研究所についての最新情報