Light+Buildingでのfrogblueへの認定証授与

Light+Building 2018でのfrogblueへの認定証授与。写真は左からシュテフェン・ツィンカーン(Steffen Zinkhan、VDE研究所インストール製品グループ責任者)、マヌエル・ボット(Manuel Bott、VDE研究所コンポーネントとインストール技術部門責任者)、ディアク・ダヴィッド・ゴルトベック博士(VDE研究所経営管理メンバー)、レネ・ヒンケル(有限会社frogblue TECHNOLOGY GmbH経営責任者)、ニコル・フッファー(frogblue経営&マーケティング責任者)。

| Jens Wirok / frogblue
2018-03-23 24 0

VDE研究所はfrogblueにVDEマークを授与

自宅でのネットワーク化機器はどんどん普及しています。しかし、致命的な結果を招くことがあるため、安全性を無視してはいけません。

Contact

VDE Testing and Certification Institute

frogblueはこの課題に取り組み、Bluetooth LE制御光調光器を開発し、VDE研究所から認定されました。こうして、消費者はネットワーク化ホームの利便性だけでなく、必要な安全性も手にするのです。

VDE研究所の専門家は、ディマーおよびその他の電気安全性と電磁適合性(EMC)について試験を行いました。そのために、製品および過負荷、短絡そして温度について試験が行われました。試験後、専門家たちの意見は一致しました。frogblueの照明ディマー、frogDim2-2はすべての安全面を満たしており、VDEマークが授与されました。

昨日のLight + Building 2018での証明書授与の際、「製品の安全性に尽力している企業にVDEマークを授与できることは、常に喜ばしいことです」と、VDE研究所の経営管理メンバーであるディアク・ダヴィッド・ゴルトベック博士は述べています。

frogblueは若く躍動感のある会社で、Bluetoothディマーは同社が市場に投入する初めての製品です。すでに開発の開始時に、VDEマークは諦められず、将来の製品のためにVDE認定取得を目指すことは明らかでした。

「VDE認定は当社にとって非常に重要でした」と、frogblue TECHNOLOGYの技術責任者、レネ・ヒンケル氏は話しています。「最終的には低電圧技術におけるこの試験は究極の試験です。VDEマークは安全性をシンボル表示しています。気技師と消費者はそれに頼ることができます」。

VDE研究所についての最新情報