VDE研究所では、掃除機のエネルギー効率を測定します。
VDE
2018-11-15 short info 60 0

掃除機用エネルギーラベル 無効

裁判所は長年に渡って、掃除機のエネルギー効率表示についてのEU規制に携わってきました。これは、空のダストコンテナを使用した適切な試験を規定しており、日常生活において実際に装置を使用することには対応していません。欧州連合裁判所はこの実践を止め、規制を無効としました。

Contact

Christian Lütkemeier

2014年9月以降、掃除機にはエネルギー効率のためのEU全体の統一ラベルがつけられています。しかし、この規制はいっぱいになったダストコンテナを備えた掃除機の試験を提供していないため、常に議論の余地がありました。ルクセンブルグのEU裁判所はこの議論に続いて規制を廃止しました。空のコンテナで試験することによる掃除機のエネルギー効率は、「実際の使用条件に可能な限り近い」条件では測定されない、と裁判官は述べました。エネルギー効率測定では、試験結果に日常使用時の測定値が反映されるよう「掃除機のコンテナはある程度いっぱいになっている」必要があります。

EU裁判所は空のダストコンテナを使用した試験を廃止しました。
VDE

EUのエネルギーラベルは、消費者に掃除機のエネルギー効率を知らせ、情報に基づいた購買意思決定をサポートします。これはエネルギーラベル上の情報が「実際の」状態で決定されたことを想定しています。「私たちは何十年も消費者保護に取り組んできています。それはまた、消費者は電気製品のエネルギー効率情報に頼ることができるということを意味します。しかしそれはまた、試験が日常的な使用を反映しなければならないということも意味します」と、VDE研究所の経営責任者、ヴォルフガング・ニーツィエラは説明しています。「空のコンテナでの作業は通常の動作条件ではないため、EU裁判所の判決は理解できます。部分的に詰まっている掃除機の袋が入っているとどうなるのか、確かに簡単ではない新たな再現可能な試験条件を定義することは、規格化団体の仕事です」とニーツィエラは続けます。

EU規制の執行を担当するEU委員会は、この評決に対する上訴を決めるまで約2カ月時間があります。上訴しなければ現在のエネルギーラベルはその有効性を失い、新しい規制が提示されなければなりません。

電気掃除機用EUエネルギーラベルの最新情​​報

掃除機用エネルギーラベルは廃止となり、もはや使用することができません。
alexlmx / stock.adobe.com
2019-02-04

EU委員会はEU司法裁判所(ECJ)の判決に対して控訴しなかったため、掃除機にはエネルギー消費ラベルのためのエネルギーラベルを付けてはいけません。その逆です。これまでに製造された機器からはラベルを外さなければなりません。

さらに詳しく

VDE研究所についての最新情報