ハノーバーメッセ2018でのVDE - 展示者
VDE
2018-05-08 30 0

ハノーバーメッセ2018におけるVDE研究所 - 当社のレビュー

ハノーバーメッセには世界各国から20万人以上の来場者があり、世界で最も重要な産業博覧会です。2018年4月23日から27日にかけて、インダストリー4.0、自動化およびデジタル化のトピックを中心に行われました。VDE研究所は数多くの専門家とともに参加し、これらの分野での試験と認定についての情報を提供しました。

Contact

Hendrik Schäfer
博覧会のその他の印象

VDEブースでのスマートファクトリー(Smart Factory)

人と機械間の作業は、インダストリー4.0について語るときに焦点となるトピックの一つです。VDEブースではTechnik、M + H Elektro-Steuerungstechnikのテーマパートナーとともに、ヒューマンロボットコラボレーション(HRC)の構造と機能を紹介しました。VDEブースの訪問者は、スマートファクトリー(Smart Factory)のプロセスを身近に経験できるよう、小さな「ツアー」に参加することができました。訪問者がバーコードを受け取った端末でチェックインすると、風刺画家マルセル・ベンダーによる個人の似顔絵がデジタルで作成されました。バーコードはスマートファクトリー(Smart Factory)に送られ、似顔絵が印刷され、日付と天気の表示が付いたデジタル目覚まし時計に設置されました。ここからスマートファクトリー(Smart Factory)による旅が開始しました。ロボットアームが目覚まし時計の時刻と日付を設定し、続いて特別な技術を用いて精度がチェックされました。そして、当社の温度試験トンネルを通過しました。ここでは熱と冷気をシミュレートして目覚まし時計の耐熱性を試験しました。

VDEキャンパスでの専門講義

ハノーバーメッセでのVDEキャンパス
VDE / Hannibal

スマートファクトリー(Smart Factory)に加え、VDEキャンパスはハノーバーメッセの多くの来場者が目的とする人気ブースでした。VDEに関する情報だけでなく、業界の最新トピックに関する多くの短く簡潔な講義では、待ち時間に似顔絵を楽しんだり、博覧会の賑わいから休憩することができました。

講義のトピックは、学生コンテストの優勝プロジェクトINVENT a CHIP、規格化、試験と認証の分野の最新ニュース、生きる価値のある未来のためのチャレンジであるeダイヤルでした。あなたも2018年8月31日までアイデアやプロジェクトを送ってみてください。 勝利すれば、最重要国際VDE Tecホットスポットであるボストン、シンガポール、上海、シリコンバレー、テルアビブの一つに旅することができます。

Elaboへの認定証授与

スヴェン・エールケ(SvenÖhrke)がトーマス・ヘースレ(Thomas Hösle)にCB証明書を授与します

スヴェン・エールケ(SvenÖhrke、左)がトーマス・ヘースレ(Thomas Hösle、右)にCB証明書を授与します

| VDE

スヴェン・エールケ(SvenÖhrke、VDE研究所の経営管理メンバー)が2018年4月24日、無事試験を通過した絶縁試験器に対するCB証明書をトーマス・ヘースレ(Thomas Hösle、有限会社Elabo GmbH経営責任者)に授与します。これにより、製品の安全性が、独立した試験認証機関として認定されている当社によって証明されます。これで考え込むことなく使用できるようになります。CB証明書によって、有限会社Elabo GmbHは試験を繰り返さずに、その他の国でもその国の商標を取得できるようになりました。

絶縁試験機の認証により、その他のプロジェクトでも継続されるVDE研究所とElaboの新しいパートナーシップが始まります。

ハノーバーメッセ2018の印象

VDE研究所についての最新情報