CDU、SPD、FDPおよび緑の党の多くの政治家がパネルディスカッションに参加しました
WI Smart Living/Lena Siebrasse
2018-10-30 press release 133 0

政治との対話におけるビジネスイニシアチブSmart Living

ビジネスイニシアチブSmart Livingは10月10日にベルリンのMicrosoftアトリウム・ウンター・デン・リンデンで開催された議会の夕べに招待されました。数多くのドイツ連邦議会議員と国会議員、ビジネスイニシアチブの参加者がこの招待に続きました。

Contact

Dr. Siegfried Pongratz

その際、6つのドイツ連邦議会委員会と、ビジネスイニシアチブの戦略グループチーフかつドイツ住宅不動産会社連邦連合会(GdV)最高責任者であるインゲボルク・エッサー(Ingeborg Esser)、Johannes Hauck(ビジネスイニシアチブSmart Living運営委員会副委員長およびHager Groupの新ビジネス&規制環境局長)との集中的な話し合いと議論が行われました。

政治家とビジネス関係者はこの夜、Smart Living / Smart Homeのニーズについて話し合いました。

Smart Livingについて良い雰囲気の中で集中的なディスカッションが行われました(左から):ヨハネス・ハウク(Johannes HauckビジネスイニシアチブSmart Living運営委員会副委員長およびHager Groupの新ビジネス&規制環境局長)、ダニエラ・ワグナー(Daniela Wagner、同盟90/緑の党)、ハンスヨルク・ドゥルツ(Hansjörg Durz、CDU/CSU)、ザンドラ・ヴェーザー(FDP)。

| WI Smart Living/Lena Siebrasse

壇上では、連邦議会委員会を以下が代表しました:

主な議題は、中小企業のための枠組条件の改善、意味のある標準化、信頼性の高い安全コンセプト、そして高度に熟練した職人の構造の必要性が壇上での主なトピックでした。しかし、高速インターネットは家のドアまでだけでなく、地方部を忘れずにできるだけ早く屋内に引くというアピールもありました。世界的な競争の中でともに活動できるには、ドイツのブロードバンド普及はまだまだ遅れています。高速インターネットは特に Smart Livings の使用も促進します。
技術的な懐疑はまた、特に人工知能(AI)の進化においては減少させなければなりません。世界は自動的にSmart Livingへと発展し、大規模なデータ収集 は本格化しています。そのため、ドイツはAIの分野で先駆的な役割を果たす必要があり、政治家は新技術の実施において人々を積極的にサポートしなければなりません。壇上で繰り広げられた緊張感あるディスカッションは、意味あるSmart Livingのために役立つ多くのパラメータがあることを示しました。連邦議会委員会の代表者とビジネスイニシアチブの代表者は、価値ある刺激を与えました。

VDE研究所がサポートSmart Living

VDE研究所経営責任者ヴォルフガング・ニートツィエラがSmart Livingについて話し合います
WI Smart Living/Lena Siebrasse

続く「Get Together」では、参加者の間でSmart Livingに関する意見交換が行われました。

「ビジネスイニシアチブSmart Livingは、優れた学際的で多機能な、専門分野の知識が十分に活かされた対話プラットフォームです」と、VDE試験認証研究所の経営責任者ヴォルフガング・ニーツィエラ(Wolfgang Niedziella)は述べています。「デジタル化の世界においては幅広いコミットメントが重要です。私たちは特に、Smart Living製品、アプリケーション、サービスの市場での受け入れを高めるために、製品の安全性とサイバーセキュリティ、プライバシーに関する知識を活用しています。というのも、ドイツの安全保障の必要性は他の国よりも高いからです」。

ビジネスイニシアチブの議会の最初の夜の後、参加者は肯定的な結論に達しました。

「Smart Livingのテーマはそうこうする間にメンバーからますます注目を集めていることが分かりました。特に:Smart LivingはCO2削減や高齢社会などの社会政治的な課題にとって価値ある貢献をし、多くの政治分野に触れることができます」とインゲボルク・エッサー(Ingeborg Esser)は述べました。

以下もご興味を持たれるでしょう

VDE研究所についての最新情報