CeBIT 2018でのVDEのブース
VDE
2018-06-18 25 0

これがCeBIT 2018でした

新しいCeBITは今年6月に初めて開催され、デジタル化、インダストリー4.0、ロボット工学など、最新のテーマに焦点を当てたものでした。月曜日の夜にCeBITウェルカムナイト(CeBIT Welcome Night)とともに幕を開け、ペーター・アルトマイアー(Peter Altmaier)連邦経済相、アニャ・カーリチェク(Anja Karliczek)連邦教育研究相らが政治界を、IBMのCEOジニ・ロメティ(Ginni Rometti)とBITCOMのアヒム・ベアク(Achim Berg)社長が経済界を代表して参加し、CeBITを正式にオープンした。

Contact

VDE Testing and Certification Institute

VDEはCeBITで2つのブースにおいて発表を行いました。一つはVDE研究所とヘッセンITの共同ブースで、試験と認証の対象に関する情報を提供しました。関心を持った人はブースで情報を集めるだけでなく、当社のスタッフによるDS-GVOや歩行者または電動自転車の機能安全など特別な話題についての講義を聴くことができました。VDEのメインブースでは、VDE連盟、DKE、VDE YoungnetからVDE研究所まで、VDEグループの多くが代表としてCeBITを訪れたさまざまなターゲットグループに対応することができました。500㎡以上に及んで、見本市の来場者がVDEグループについて上手に伝えられるよう、多くを提供しました。

VDE研究所は、スマートファクトリー(Smart Factory)がどう機能するかを見せました。画家のマルセル・ベンダー(Marcel Bender)は来場者にデジタル似顔絵を作成させました。最後にはSmart Factoryに送信されるQRコードを受け取りました。スマートプリンターでQRコードをスキャンすると、漫画が印刷されました。写真のフレーム(時計と日付表示が組み込まれている)では、Smart Factoryの組み立てラインへと移動しました。ロボットアームは、サイクル中の時間と日付を設定し、最後の2つのステーションでは熱と冷気のある気候の部屋をデモンストレーションしました。

デジタル化やIndustry 4.0など見本市のテーマでは、サイバーセキュリティは欠かすことができませんでした。ここでは、VDEの専門家アレクサンダー・マテウス(Alexander Matheus)が、保護されていないシステムをハックすることがどれだけ簡単で、VDE認証が重要な理由を明確に示す準備ができていました。

DKEは、デジタルツインをによって業界の顧客を感嘆させました。仮想現実メガネによって、システムとキャビネットに欠陥がないかチェックし、すべての部品が正常に規格に準拠した動作をしているかどうかを確認できます。

VDE Youngnetは、CeBITの若い来場者に訴えかけるため、複数の活動をしました。VDEの旗の下でレースに参加する学生のフォーミュラチーム"Raceyard"は、昨年のモデルを紹介しました。想像できるように、多くの熱狂的なレーサーファンがそこにいたので、そういった複雑なレーシングカーがどのように手作業で作られたかを詳しく説明しました。Invent A Chipコンペティションの最新受賞者は、新しい暗号化技術である量子暗号のプロジェクトを発表しました。この技術を使用すると、光を介してデータを暗号化し転送することができます。
見本市の木曜日には、電子メディアの未来の新たな道を形作るため、VDEの大ステージでワークショップと講演が行われました。

金曜日に地区連合会の代表者を歓迎し、今年のCeBITをVDEとして終了することができました。

 

VDE研究所についての最新情報