VDE研究所による試験済情報セキュリティ
innogy
2018-02-07 37 0

VDEはあらためてinnogy SmartHome(スマートホーム)の高セキュリティを保証します

VDE試験認証機関はinnogy SmartHomeに4度目のVDE特別証明書「VDE試験済みSmart Home情報セキュリティ」を発行しています。証明書は、システムが一貫して暗号化され不正アクセスから保護されていることを証明します。

Contact

Dr. Siegfried Pongratz

E-Worldでの証明書の授与は、VDE研究所経営責任者のWolfgang Niedziella(ヴォルフガング・ニーツィエラ)マネージングディレクターによって行われます。「今日、私たちは優れた情報セキュリティを備えたホームオートメーションシステムであるinnogy SmartHomeを認定します。プロバイダが情報セキュリティにこれほどの投資をすることはめったにありません」。証明書はinnogy SE社のセールスエグゼクティブであるMartin Herrmann(マーティン・ヘルマン)が受け取りました。彼は次のように強調します。「私たちはユーザーのデータ主権の責任を負っています。そのため、データの最小化、一貫したデータの暗号化およびデータ保護はinnogyでは最優先事項です。VDE研究所の徹底的な作業のための独立した専門家に感謝しています。技術的に実現可能なシステムセキュリティのためにすべてを継続する動機として、私たちは非常に良い結果を得ています」。当社はこれを引き続き検査していきます。

Smart Home Backend(スマートホームバックエンド)の分野の情報セキュリティとデータ保護のためのVDE特別マークは、2014年に初めてinnogy SmartHomeに付与されました。2016年の認証には、ソフトウェアインターフェイス(クライアントAPI)も含まれています。バックエンドとクライアントAPIを試験し、機密データが安全に暗号化され、不正アクセスから保護されているかどうかを確認しました。これは、外部侵入試験の過程においてハッカー攻撃とデータセンター中心部の内部侵入試験の両方をシミュレートした標準化試験手順で、VDEによって認定されました。

 

VDE研究所について

非営利の有限会社VDE試験認証機関GmbHは、オッフェンバッハで約500人の従業員を雇用しています。VDE研究所の独立したテストエンジニアは毎年、VDEマークが付けられる前に、10万台を超えるデバイスに対して厳しいテストを実施しています。ドイツ国民の67%がVDEマークを知っており、これは最高安全基準と同義とみなされます。世界中のVDEの専門家が7,000以上の生産拠点を監視しています。50カ国以上の国々との協力協定は、VDE研究所が実施するテストが国際的に認められていることを保証します。世界中の100万種類もののモデルバリエーションを持つ20万種類の製品タイプにVDEマークが付けられています。
www.vde.com/Institute-jp

innogy SE社について

Innogy SE社はドイツの有力なエネルギー会社で、約440億ユーロ(2016年)の売上があり、欧州16カ国で4万人以上の従業員が活動しています。innogy SE社は、ネットワーク&インフラストラクチャ、セールスおよび再生可能エネルギーという3つのビジネス分野において、最新の脱炭素化分散型デジタルエネルギーの世界の要件に対応しています。innogyの活動の中心には、当社の2300万人の顧客がいます。当社はこれらの顧客に、エネルギーの効率的な利用および生活の質の向上に役立つ革新的かつ持続可能な製品とサービスを提供したいと考えています。最も重要な市場はドイツ、英国、オランダ、ベルギーおよび中東欧諸国、特にチェコ、ハンガリー、ポーランドです。総容量3.7ギガワットのinnogyも、スペイン、イタリア、MENA地域(中東、北アフリカ)などこれらの地域の外での再生可能エネルギーによる発電に積極的です 。eMobility(エレクトロモビリティ)のような将来的なトピックのイノベーションリーダーとして、当社はシリコンバレー、テルアビブ、ロンドン、ベルリンなどのテクノロジー業界の国際的なホットスポットに参加しています。当社は、エネルギー技術者とエンジニアの広範なノウハウを、スタートアップから大企業までのデジタルテクノロジーパートナーと結び付けます。
www.iam.innogy.com

VDE研究所についての最新情報