MIDEAがVDE研究所から給湯器の特別証明書を受け取ります
VDE / Anja Rottke
2018-09-03 15 0

中国のマーケットリーダーMIDEAの給湯器のVDE特別認証

ソフトウェア制御のMIDEAの給湯器は、解析された使用状況に基づいて独立してエネルギー消費を最適化します。VDE研究所は、従来の制御を使用した同じ設計の装置と比較し、35%の省エネを確認しています。

VDE研究所は、ベルリンのコンシューマーエレクトロニクスショー(IFA)において、8月31日に中国のマーケットリーダーであるMIDEAの代表者に60リットルの給湯器のVDE特別証書を授与しました。規格EN 50440「家庭用電気貯湯タンクの効率」に基づいて、VDE研究所の専門家は、ソフトウェア制御の給湯器の潜在的節約について、従来型制御と同タイプの装置と比較し決定しました。MIDEA給湯器は、消費者の習慣を分析し、これに基づいて基本的行動を最適化します。これが最大35%の省エネにつながる可能性があることをVDE研究所の専門家が確認しました。

VDE研究所の経営管理メンバーであるスヴェン・エーアケ(Sven Öhrke)は昨日、IFAで証明書の授与の際に「省エネの1/3以上を直接削減することは、給湯器のユーザーを喜ばせるだけでなく、環境への負担を軽減することにもつながり、真の双方に有益な状況になります」と述べました。MIDEAはVDEに、消費者向け給湯器の能動的な制御を使用し、エネルギー節約率を決定するよう依頼していました。
2005年以来、VDEと中国最大の家電メーカーの1つおよびすでにマーケットリーダーであるMIDEAは協力しています。VDE研究所による国際的認定証の背景は、少なくとも国際市場での市場シェアと売上高を大幅に増やすというMIDEASの目標です。

VDEの特別証明書は、製造者と消費者に同様の利益をもたらします。一方では証明書は製品の優れた特性を強調し、他方では購買決定の際に消費者にとって重要な方向性を与えます。少なくとも、どちらもVDE研究所という独立した機関が高い質を約束していることを確信しています。

 

VDE研究所についての最新情報