VDE研究所は、個人保護のための安全マークに気をつけることを推奨しています
VDE/Hannibal
2018-11-08 press release 74 0

VDEは以下について警告します:インターネット上の安い製品は時限爆弾であることが頻ぱんに起こります

VDE研究所は、ガーデニングおよび小型家電製品のランダムな安全性試験を実施しました。その際、重大な欠陥が見つかりました。これらは特に、電気的、機械的および熱的危険を引き起こす可能性のある取扱説明書の不足も含んでいました。

Contact

Hendrik Schäfer

VDE研究所の専門家は、ガーデニング機器やインターネット上の小型家電製品の安全性を試験しました。その結果、無作為に抽出した製品の65%で、製品と取扱説明書の両方で消費者の健康と生活に致命的な結果をもたらす重大な欠陥が見つかりました。 ガーデニング機器や小型家電製品の安価製品の製造元は、不適切な材料を使用したり、安全面を十分に考慮していなかったり、あるいは加工が不足または節約されていました。

「当社が無作為試験を実施したガーデニング機器や家電製品の2/3は時差爆弾です。見つかった欠陥には特に、健康被害、電気ショックや機能障害のリスクが含まれています」と、VDE研究所の経営責任者ヴォルフガング・ニーツィエラ(Wolfgang Niedziella)は話しています。試験を実施したすべての製品で、取扱説明書にもかなりの欠陥が見つかりました。「消費者保護への取り組みの一環として、消費者は独立した試験場の安全マークに気をつけるべきだと指摘することは重要です。VDEのトライアングルでは、製品がすべての安全要件を満たしていることを消費者が認識しています」とNiedziella氏は補足します。

包括的な製品試験の選び抜かれた例:

小型家電

  • フィルターコーヒーメーカーでは、VDEの専門家はユーザーがコネクターピンに触れると感電する可能性があることを発見しました。ここで許容される最大電圧は、最大許容値を超えていました。
  • あるトースターは、英文の取扱説明書しかなかったため、テスターの目に止まりました。安全関連情報が理解されていないと、危険な状況につながる可能性があります。重要な情報は取扱説明書の裏にも記載されていますが、ここでは簡単に見落とされることがあります。
  • ハンドミキサーには器具を水に浸すことに伴う危険性を示すと思われる目もの、ひどい翻訳が添付されていました。言葉の表現は誤解を招く可能性と、ユーザーを危険にさらす恐れがあります。
  • あるブレンダーの場合は、電源コードを損傷した場合に交換する必要があるという注意書きが欠けていました。そのため消費者は、製造元または製造元のカスタマーサービスのみが引き受けられることを知らず、危険にさらされていました。

ガーデニング機器

  • 試験において芝刈り機に重大な欠陥が見つかりました。特に、特定の危険にさらされる人のグループが製品を使用スべきでないことが書かれていませんでした。取扱説明書には電気的規格情報が記載されていないため、最終的に人的事故につながる可能性があります。振動の激しい製品の過度な使用は一時的そして永続的なユーザー制限へとつながることがあります。聴覚障害を起こす可能性もあります。
  • 電動バリカンでは、VDEの試験官は、放射音圧レベルが提示されておらず、聴覚に永久的な損傷をもたらす可能性があることを発見しました。
  • コードレスのガラスおよびガーデンカッターでは、取扱説明書の翻訳に誤りがあり、感電や電池の火災の原因となる可能性もあります。さらに、カッターナイフの安全性が失われる可能性もあります。切り傷のけがとなることもあり得ます。

以下もご興味を持たれるでしょう

VDE研究所についての最新情報