VDE実験室での冷蔵庫および冷凍庫のエネルギー効率の測定
VDE
2019-02-01 71 0

エネルギー効率データは信頼できますか?VDE研究所は市場監視の改善においてEUをサポートします

VDE研究所は欧州全体のプロジェクト "ANTICSS"のパートナーです。VDE研究所の専門家はエコデザイン指令の下、エネルギー効率についての誤った記述の可能性検出をサポートします。

Kontakt

VDE Testing and Certification Institute
Downloads + Links

彩り鮮やかなEUのエネルギーラベルは、どの電化製品の中でも際立っており、消費者が購入する際、指針となる情報を提供します。しかし、これまで誤解を招いたり誤った情報が消費者を不安にさせてきました。エコデザイン指令およびEUエネルギーラベルの枠内で、消費者の信頼を取り戻すため、そしてエネルギー効率の誤った表示を明らかにし、また防止するため、EUはドイツのエコ研究所の指導の下、”ANTICSS(市場監視改善のためスタンダードの迂回回避)”およびVDE研究所をパートナーとしました。「私たちの課題は、誤測定やエネルギー効率についての間違った表示の可能性を調査し、規制とその測定基準の潜在的なギャップを探すことです」と、VDE研究所の経営責任者ヴォルフガング・ニートツィエラは説明します。VDEの専門家はそれに適した基準測定を実行します。

測定の回避の手がかり

VDE研究所がANTICSSのために分析した機器グループと製品は、白い商品や照明器具から画像と音響機器(茶色の商品)まであります。専門家の焦点はネットワーク化された、またはスマートデバイスは、測定標準を回避し得る特別なソフトウェアです。集めたケーススタディを検証するため、VDE研究所は選択されたデバイスに対して独立した試験を行います。その際、テストエンジニアは測定規則の回避がエネルギー消費の変化に場合によってはつながるかどうかを決定します。ニーツィエラは「私たちは、必要に応じて起こりうる測定回避を除外するための代替測定方法を打ち出します」と話しています。

改ざんの試みは市場監視当局に報告されます

検査結果に基づき、市場監視当局および検査機関に対して推奨がされます。調査と測定の結果、明白な意図的な改ざんの試みが明らかになれば、ケースは市場監視当局に報告されます。
さらに、ANTICSSはその研究結果から政策立案者や標準化団体への行動提言を打ち出します。トータルで、エコデザインおよびエネルギーラベリング指令における製造元および消費者の信頼強化が目的です。

ANTICSSプロジェクトチーム(ANTICSS: Anti-Circumvention of Standards for better market Surveillance)は8つのEU加盟国からの19の組織で構成されています。これらは、研究機関、市場監視当局、エネルギー機関、標準化団体および大学、環境NGO、VDE研究所などの独立した試験所が含まれます。

以下もご興味を持たれるでしょう

VDE研究所についての最新情報