UKCAマークがBrexit後はCEマークに取って代わります
Rawf8 / stock.adobe.com
2019-11-28 expert contribution

BrexitとCEマーク

当社では2017年3月からBrexitについて携わっています。今後、英国が合意に基づいてEUから離脱するのか、それとも「ハード・ブレグジット」(ノーディール・ブレグジットとも呼ばれる)を経由するのかはまだ明らかになっていません。今のところ、英国のEU離脱は2020年1月31日に予定されています。移行期間は引き続き2020年12月末までとなっています。

Contact

Dr.-Ing. Klaus Kreß

Brexitは、試験と認証の分野にも影響を及ぼします。英国は、移行期間後はおそらくCEマークを認定しなくなるでしょう。この期間後は、メーカーはいわゆるUKCA(UK Conformity Assessed)マークを貼る必要があります。これが英国市場のCEマークに代わるものとなります。詳しくは以下を意味します。

移行期間中

場合によっては、CEマーク製品が英国で引き続き認証されます。ただし、特定の製品にとってはUKCAマークが直ちに義務となります。そのため、メーカーは早い時期に製品が該当する規制に基づく情報を得る必要があります。 詳細は英国政府のウェブサイトをご覧ください。

また、英国の「認証機関」は「欧州認証機関」(EU Notified Bodies)としてのステータスを失います。つまりこれは、英国の離脱後、EUの適合性評価に関与できなくなることを意味します。しかし、英国のメーカーが製品をEUに輸出したい場合、この問題を回避するには3つの方法があります。

  1. メーカーは、可能であればモジュールA(メーカーの内部生産管理)に準拠するEU宣言を作成し、製品にCEマークを貼り付けます。
  2. EU適合性評価には、EUで承認された「認証機関」が関与する必要があります。
  3. 英国の「認証機関」によって発行された既存の適合性評価は、EUで承認された「認証機関」に転送され、採用されます。

移行期間後

英国政府は、移行期間が終了した時点でメーカーに通知し、英国でのCEマークの認証を行います。この瞬間から、英国ではUKCAマークのみが認証されます。UKCAマークは、英国の「認証機関」によってのみ付与されます。

UKCAラベルはEUで認証されていないため、欧州市場ではCEマークを貼り付ける必要があります。可能であれば、これは自己宣言(モジュールA)によって、あるいは「欧州認証機関」の検証を通じて実施することができます。

そに従い、英国とEUの両方で発売される製品には、CEマークとUKCAマーク両方が必要となります。

Brexitの最終決定後には、もちろん今後の注意事項についてお知らせします。

免責条項

詳細の調査を行ったにもかかわらず、これらのテキストは不完全または誤りを含む場合があります。出版者は、その結果として生じる個人または物品への損害についての責任を負いません。

以下もご興味を持たれるでしょう

VDE研究所についての最新情報