一部の製品については、将来的に中国で自己宣言で十分です。
agsandrew - stock.adobe.com
2019-10-29 short info 740 0

中国における製品認証の重要な変更

2019年10月16日に中国の国家市場規制当局が発表したとおり、強制的な製品認証に変更が加えられました。

Contact

Ching-Yun Wang
Christina Zhao
Downloads

1.製品認証の必須範囲の変更

18製品(付録1)は、認可要件の対象ではなくなりました。認証機関は発行済みの承認を取り消します。ただし、メーカーは任意の証明書を申請できます。

2.その他の自己宣言製品

17の製品(「NEW」という注記の下の付録2)は、第三者による認証を受ける必要がなくなりました。将来的には、ここで自己宣言で十分になります。

3.製品認証義務における規制の改正

自己宣言製品は、必須のCCC製品証明書を受け取ることができなくなりました。製造業者は、自己評価を実行し、オンライン自己宣言システム(http://sdoc.cnca.cn)に製品を登録することにより、「製品の自己評価に関する自己宣言」規制に従う必要があります。製品は製品コンプライアンス情報が提供され、必須の認証マークが貼られた後にのみ、中国で販売または中国に輸入されます。オンラインシステムへの登録が正常に完了すると、「強制的な製品適合証明に関する自己宣言」というタイトルの手紙(付録3の例を参照)が発行されます。
この記述は拘束力のあるCCC証明書です。その後の監視と管理も必要です。
2019年12月31日まで製造業者は、認証機関から必須製品証明書(CCC)を受け取るか、自己宣言を行うかを決定できます。
2020年1月1日より製品は製品コンプライアンスの「強制自己認証証明書」を取得する必要があります。必須のCCC製品証明書は発行されなくなります。

2020年10月31日までに製造業者は必須製品証明書(CCC)を自己宣言に変更し、CCC証明書を撤回する必要があります。
2020年11月1日の時点で認証機関は発行されたすべての製品証明書(CCC)を撤回し、製造元の要求に応じて、任意の証明書に切り替える必要があります。

4.通信端末機器の必須要件の変更

通信のリリース以降、YD / T993「通信端末機器の雷保護要件と試験方法」は、必須の製品認証の基礎として使用されなくなりました。

国際サービスの専門家から、さらなる情報によるさらなるサポートを得ることができます。

問い合わせる

以下もご興味を持たれるでしょう

VDE研究所についての最新情報