BBP、DEHP、DBPおよびDIBPは、2019年7月22日以降、電子機器に関するRoHS指令においてEU全体で禁止されます
antoine2K / 123rf
2019-02-06 3243 0

RoHS指令:その他の物質および機器が2019年7月22日から禁止になります

EU全体のRoHS指令(電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令)では、電気・電子機器で使用してはならないさまざまな化学物質が指定されています。2019年7月22日、EUで「拡大」されたRoHS指令が新たな物質使用禁止を発効します。

ドイツでは、その禁止された物質を電気・電子機器規制(ElektroStoffV) に取り込みます。この禁止事項は、電気・電子製品全体に適用されるだけでなく、機器のすべての単一の均質材料(プラスチック製のハウジングなど)にも適用されます。

これまでに、次の6つの物質が規制されています:

VDE化学実験室の専門家はあなたの製品の均質物質をチェックします
angellodeco / Fotolia
  • 鉛(Pb)
  • カドミウム(Cd)
  • ポリ臭化ビフェニル(PBB)
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)
  • 六価クロム
  • 水銀(Hg)

これら4つの物質が新たにRoHS指令に入ります

2015年6月4日付EU官報は、RoHS指令(EU) 2015/863の改正を発表しました。これにより、RoHS指令付属書IIに以下の4つの物質が追加されます。

  • ブチルベンジルフタレート(BBP)
  • フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)(DEHP)
  • ジブチルフタレート(DBP)
  • ジイソブチルフタレート(DIBP)

0.1重量%を超える前述の物質(Cd 0.01重量%)を含む均質材料は、指令2011/65 / EUの附属書Iに記載されているカテゴリーの機器には使用してはいけません。
これらの制限値は、技術的に防止できないごく少量の不純物が混在する可能性はあるという事実を考慮に入れたものです。

製品をEUで販売していくために、あなたの製品に使用されている材料をチェックしましょう。使用されている物質に関して不明な点があれば、よろこんでお手伝いします。

カテゴリー11とケーブルの禁止物質

RoHS指令は、2019年7月22日から定格電圧250V以下のケーブルにも適用されます
weyo / adobe

現在のところ、10の異なるカテゴリがRoHS指令の対象となっています。2019年7月22日以降、さらにカテゴリー11が追加されます。第2条第2項によれば、カテゴリ11には他のどのカテゴリにも含まれないその他すべての電気・電子機器および「オープンスコープ」の特殊なケースが含まれます。この適用範囲は(明示的に除外されない限りは)第3条(1)および(2)の「電気電子機器」の定義条件を満たすすべての機器に対してオープンです。

電流または電磁界の伝送に使用されるケーブルも同様に「電気および電子機器」です。定格電圧250V以下のケーブルのみがこの適用範囲に該当します(第3条第5項参照)。適した物質制限を守らなければなりません。
他の電気・電子機器の一部ではない別売りの外部ケーブルはカテゴリー11に分類されなければならず、そのため物質規制(プラグのないケーブルドラムなどの未完成ケーブルを含む)に準拠する必要があります。

2019年7月22日以降、物質の禁止は、これまで指令2011/65/EUに含まれていなかったケーブルにも適用されます。

カテゴリー1~11の完全なリスト

1.大型家電
2.小型家電
3.ITおよび電気通信機器
4.家電機器
5.照明器具
6.電気および電子工具
7.玩具、スポーツ、レジャー用品
8.医療機器
9.産業用監視制御機器を含む監視制御機器
10.自動出力装置
11.上記カテゴリーのいずれにも割り当てられないその他の電気および電子機器

RoHS指令2011/65/EU第3条(1)、(2)に準拠した「電気電子機器」の定義

(1)電流または電磁界の適切な作動に依存する機器および、最高1000ボルトの交流または最高1500ボルトの直流の動作のためのそのような電流および磁界の発生、伝送及び測定のための機器」。

(2)「依存」という言葉は、機器が意図する機能の少なくとも一つ - 電流または電磁界 - を必要とすることを意味すると解釈されます。

You may also be interested in this

VDE研究所についての最新情報