VDEはOMS仕様に従ってスマートメーターを認証します
Andrey Popov / stock.adobe.com
2019-06-12 43 0

VDE協会はOMS仕様に従って測定システムを認証します

未来は測定システムでさえもデジタルです。今後数年間で、インテリジェント測定システムはますます多くの家庭に設置されるでしょう。これらのシステムは 電気、ガス、水、熱の消費量と収集したデータを測定および送信します。VDE協会は、OMSグループの仕様に従って通信モジュールを現在認証しています。

Contact

Dr. Siegfried Pongratz
Link

測定システムは通常、2つの要素から構成されています。ガス、水道、電気のメーターと、データ伝送を可能にするスマートメーターのゲートウェイ(通信モジュール)です。スマートホームアプリケーションは、たとえば料金が安い場合などに応じて自動的にオンまたはオフにすることができます。消費者はお金を節約することができます。

相互運用可能なコミュニケーションのためのVDE協会とOMSグループ間の覚書

スマートメーターゲートウェイを使用して、さまざまなアプリケーション分野のすべての測定機器間の相互運用可能な通信を可能にするために、OMSグループはヨーロッパ規格に基づく将来に耐える通信規格を開発しました。したがって、オープンメータリングシステムは、スマートホームやビルなど消費データにアクセスする製品の安定したインタフェースとしても最適です。

覚書(MoU)の一環として、VDE試験認証協会(VDE協会)は、OMS規格への準拠を確認するために測定器を認証します。「VDE協会と信頼できるパートナーを見つけられたことを嬉しく思います。さまざまなメーカーのOMSメーターを認証することで、OMSシステムとの互換性を確認できるだけでなく、それらを保証することもできます」と数日前に覚書に調印したOMSグループの取締役会のスポークスマン、Andreas Bolder氏は述べました。「エネルギー消費を減らし、再生可能エネルギーの利用を増やすためには、電気、ガス、水、熱用のスマートメーターが必要です。そのため、OMSメーターを認証し、OMSグループと緊密に協力しています。」とVDE Testing and Certification Institute GmbHのマネージングディレクター、Wolfgang Niedziellaが追加しました。

以下もご興味を持たれるでしょう

VDE研究所についての最新情報