すべてのエネルギー効率クラスは2021年3月からはAからGに分類されます
animaflora / stock.adobe.com
2020-01-09

エネルギー効率の新しいラベル

2021年3月1日から、欧州連合はエネルギー効率ラベルの表示と要件を更新します。該当するデバイスグループには、ディスプレイとテレビ、洗濯機と乾燥機、光源、冷却機器、食洗機が含まれます。

Contact

Customer Service

最も重要な革新は、AからGへの評価システムの復活です。クラスA +からA +++は使用しなくなります。ラベルをすぐに再び適合させず技術開発に十分な余地を確保するため、最高のエネルギー効率クラスを持つデバイスは、再編時にはクラスBに分類されます。カテゴリーAは、まずは改善されたテクノロジーのためにフリーのままとなります。これは、製造元により優れた製品の開発および製造を奨励することを目的としています。

より透明性あるQRコード

将来的には、消費者用QRコードを各エネルギーラベルに添付しなくてはなりません。これにより、欧州製品データベース「EPREL」のデバイスについての詳細情報を得ることができます。

特に製造元とディストリビューター用の重要なエコデザイン指令も、新たに発表されました。その際、製造元が必要に応じて不可欠なスペアパーツと修理マニュアルを提供し、デバイスの簡単な修理を行うことができるよう定めています。

ハロゲンランプはオフ

その他の明らかな革新は、ハロゲンランプが完全にLEDランプに置き換えられなくてはいけないことです。そのため、関連する施行規則で移行期間は2023年までと定められています。

VDE研究所の専門家は、製造元のエネルギー消費量測定をサポートし、エコデザインの要件に関する包括的な試験を提供します。

VDE研究所についての最新情報