Home control via tablet
Artur Marciniec / Fotolia
2017-02-15 69 0

スマートリビング:クラウドベースの相互運用性テストプラットフォームを開発

Contact

VDE Global Service Japan

スマートリビング分野において、VDE インスティテュートは、複雑なネットワーク化製品に いてのクラウドベースのテストスイート2.0 の 開発を⾏った。このテストスイート2.0 では、VDE の専門家が異なるスマートホームシステムの相互運用性を試験するだけでなく、情報の安 全性、データ保護、機能的安全性についても試験する。開発段階での製品において定義 れた使用ケースのシナリオに基づいてリモートで適合 性や相互運用性を試験する。これに り、顧客は市場導入にむけた製品の情報交換や日常的に機能するかを確認できる。スマ トホーム装置、ゲートウエイ、クラウドサービス、携帯アプリ(iOS, Android)、スマートリビ グシステム全体などが試験対象となる。 テストスイート2.0 では、VDE インスティテュートは、スマートテクノロジーに対して く新しい試験を提供するため、新しいチームを発⾜ し5つの開発目標を設定した。

1. 顧客の国際化に伴い地域ごとの規格、サービスなどを提供すること

2. 複雑にネットワーク化された顧客製品の試験および認証のシステム提供者であること

3. デジタル化に個々のサービスを反映させること

4. 作業プロセスのデジタル化は、最先端のものをもとに⾏うこと

5. 市場の需要に基づき、迅速に効率よく⾏うこと

テストスイート2.0 のテスト仕様:VDE アクセスデバイス(VAD)をインターネットおよび試験対 装置(DUT)に接続する。DUT はVAD とLAN またはWLAN 経由で接続される。

  • VDE アクセスデバイスはテストポータルに接続される。接続は暗号化される。
  • その後ユーザーは、異なるテストシナリオを開始するため、ブラウザ経由でVDE IOP リモート ストポータルでWeb 使用を利用する。
  • 顧客は、テストのプロトコルをリアルタイムにブラウザでフォローする。テスト終了後、VDE イ スティテュートは、詳細なログデータ およびHTML レポートをダウンロード形式で提供する。

Important News for our Japanese customers