Futuristic illustration of 5G
Sikov / Fotolia
2017-03-20 150 0

デジタルへの移⾏は2025 年までに終了:5G がインダストリー4.0 の追い風となる

Contact

VDE Global Service Japan

VDE の関連企業へのアンケートで、64%がドイツにおけるデジタルへの移⾏は2025 年 でに終了すると回答している。さらに、43%が5G がデジタルへの移⾏へのカギとなると回答している。楽天的な⾒方として、2020 年を前に移⾏が終了すると考えている人もいる。エネルギーコストを抑えたデータ移⾏を実現するには「もののインターネット」に5G を基礎技 とする必要があり、それによりモビリティ、ロジステ ィック、エネルギーおよび通信サービスなどと結合し、未来の⾃律⾛⾏や遠隔手術にいたるまでインダストリー4.0 とも密接に結び く。こ れを現実のものにするには、サイバーセキュリティが必須である。VDE 関連会社の65%が、デジタル化のIT セキュ ティ技術は必須である と回答している。

5G 技術はさらに個人の住宅でも利点がある。スマートホーム、スマートシティ、⾃律⾛⾏な の装置をネットワーク化することで⾰命が起 きる。産業や輸出においても、5G はインダストリ 4.0、⾃動化などの将来の使用においてリアルタイムの通信ネットワークによるコントロ ールを可能にする。例えば、装置をつけた人間の動きをコピーするロボットや、人間がロボットから ぶなど、ロボットと仮想現実との技術 のコンビネーションは、産業で利用されるだけでなく手術などにも利用される。

5G での成功は、⾃動化技術およびIT が関連する原理や分野によって同じ⾔葉を有する とが重要である。特に異なるシステムで互いに通信 できるインタフェースを調和することが重要であり、国際規格や標準化の調整が必要である。これに関連して、VDE/DKE および イツの産業 同盟、規格組織は「インダストリー4.0 の標準化評議会」を設⽴した。このイニシ ティブの目的は、デジタル製品の標準化の国内および国 際化を⾏うための調整を⾏い、ドイツの国際的競争⼒を強化することである。ドイツは既に、もののインターネットにおいて 出した地位を 築いているが、そのチャンスをうまくものにできていない。優れた開発の地位を築きながら、魅⼒的なビジ スモデルやアイデアを紹介でき ていないため、それが早急な課題であるとVDE は考えている。

Important News for our Japanese customers