Smart Grid
ag visuell / Fotolia
2017-05-29 37 0

再生可能エネルギー装置 将来は中電圧ネットワークでサポートされる

Contact

VDE Global Service Japan

VDE/FNN は、運用ルール「中電圧への接続ルール」E VDE-AR-N4110(TAR 中電圧)の案 中で、同電圧レベルでは初めてメモリに関する 要求事項を定義した。これによりデバイスメーカ は迅速に技術的接続の標準化を⼿に入れ、ネットワークおよびシステムを⻑期に強化できる。
同案は、新規に構築された分散型発電装置の瞬時電圧低下や雷対策にまで及ぶ。これらの新しい要求事項はネットワークの安定性を改善する。
ドイツでは中電圧ネットワークはエネルギーシフトにかかわる再⽣可能エネルギーの構築に意味を持つ。風⼒、太陽光発電、バイオガスなどの 装置は、将来より多くのメモリに接続される。中電圧ネットワークは、周波数50 ヘルツで電圧が1000 から6 万ボルトまでのサービスとなる。
VDE の運用ルールE-VDE-AR-N4110 は、施⾏後は、ガイドライン「中電圧ネットワークの発電装置」、「中電圧の技術的接続条件」(2008) に入る。現在の案はウェブサイト(www.vde.com/de/fnn)で閲覧可能。詳細は fnn-stellungnahme まで。

Important News for our Japanese customers