Abstract futuristic telecommunication technology
kran77 / Fotolia
2017-03-20 111 0

強固で安全なIT:デジタル化が柔軟な無線ネットワークを推進する

Contact

VDE Global Service Japan

未来の通信ネットワークは、サイバー攻撃や⾃然災害に柔軟に対応できることが求められる 通信接続の信頼性や可用性への高い要求を満た すには、レジリエンス (復元⼒) を備えたネットワークを開発していく必要がある。

  • レジリエンスエンジニアリング

現在、レジリエンスを備えた通信ネットワークを使用しているのは、銀⾏やエネルギー部 のみであるが、今後はデジタル化における分野で の使用を推進していく必要がある。これを まえ、VDE は「デザインによるレジリエンス」のコンセプトを発表した。さらに、ネットワーク セキュリティおよび持続性を調査し、できるだけ早く財政面でもスタートできるよう新しい分野 して「レジリエンスエンジニアリング」を ⽴ち上げた。VDE の専門家は、企業がネットワー のレジリエンスを推進するプログラムを⽴ち上げ、レジリエンスの国内ネットワークを開 発し いくようなイニシアティブを設定することを推奨する。ネットワークのレジリエンスを国際レ ルで保証するには、標準化および法的 対応を推進すると同時に、レジリエンスを備えたネットワークのモデリングと 価を開発していく必要がある。

  • デザインによるレジリエンス

個々の環境条件やネットワーク障害など、システムの状況を可能な限り正確に知ることが、レ リエンスなシステムには重要である。それら の情報は、システムの動作による解決の助けになるからである。妥当な解決を選択するには、システムが個々のパラメータの相互作用を理解 し、対応できなければならない。そのためには、システムデザインによる相互作用を適切にモデ ングする必要があり、必要なものの冗⻑性 により信頼性を確保できる。冗⻑性は、攻撃を避けたり弱めたりすることにも役⽴つ。

  • 不快な障害を防ぐ

ネットワーク業務はさまざまな分野に及ぶが、ネットワークスライシング技術を駆使して、ネッ ワークサービスを利用者に保証することが 必要となる。レジリエンスを備えたネットワーク は、受けた障害の内容を失わないで動作させることが求められる。そのために機能安全レ ベルの格付けを⾏い、レジリエンスを備えたネットワークの方法およびアルゴリズムの⾒極めに利用 れる。

  • デジタル化におけるドイツの開発地位は高い

VDE はレジリアンスが21 世紀に影響を与えるネットワーク技術となると確信している。ドイ は、5G 開発に技術的にすぐれた地位を築いて おり、信頼性の開発についても同様である。VDE 広報誌「無線によるレジリエンスを備えたネットワーク」はVDE ショップでで入手可能。

Important News for our Japanese customers