Windrad und Solarpanel mit Sonne im Hintergrund
Franz Metelec / Fotolia
2017-01-11 87 0

「スマートエナジー」コミッティ エネルギーシフトの基本について作業中

Contact

VDE Global Service Japan

年前にVDE 規格部門のDKE はシステムコミッティ「スマートエナジー」を⽴ち上げ、エネルギーシフトにおけるVDE の運用ルールおよび
規格の要求事項を決定し、国内の規格作業を調整することを目的としています。実際のプロジェクトとしては最低5年が必要と考え、急速に発
展する市場における投資の安全性および将来の方向性を提供します。作業中のテーマは以下のとおり。

  • 白書「BSI 保護プロファイル」
    スマートメーターでは通信統合としてスマートメータゲートウエイ(SMGW)を中心のコンポーネントとして構築する。SMGW の課題は、
    データ通信であり、主に異なるコンポーネント間の通信である。安全基準に対応するどのような最低条件が必要かについてBSI の保護プ
    ロファイルに説明されている。この白書には開発の例などが記載されている。今年の半ばごろに初版が発⾏される予定。
  • システム用蓄電池
    蓄電池は、適切な方法および規則とともにシステムの安定に⽋かせないものである。試験⼿順および規格にもとづき専門家がシステムサ
    ービスにおける蓄電システムの安全性を確認する。
  • エネルギーのインターネット
    未来のエネルギー市場はどうなっているか、国内及び国際的エネルギー操作におけるブロックチェーンが何を変えるか、通信やサイバー
    セキュリティはどうなるのかなどについて、専門家グループがスマートエナジーのさらなる発展に向けて異なる研究や規格を開発する。

コミッティのメンバーは、VDE, ZVEI, BDEW, BITKOM さらにはBSI, BMWi, BNetzA などの異なる連盟、官庁および研究機関から集まって
いる。このコミッティは、国内、ヨーロッパ内および国際的な他の規格組織との共同作業を⾏い、IEC システムコミッティ「スマートエナジー」
として機能している。テーマとしては、スマートグリッド、アドバンスドメータリング、Power to Gas などがあり、規格組織DIN およびISO
のインタフェースも含む。さらに、スマートホーム、スマートグリッドIT セキュリティ、電気⾃動⾞などのテーマも含む。またこのコミッテ
ィはIEC の「スマートグリッドロードマップ」2016 の作成にも携わっている。「スマートエナジー」分野での参加者をさらに募っている。

Important News for our Japanese customers