Power poles in a meadow
focus finder / Fotolia
2017-02-01 60 0

VDEの運用ルール”Cascade”がネットワーク事業者の共同作業を改善

Contact

VDE Global Service Japan

VDE/FNN は、ネットワークが危険な状況においても、ネットワーク事業者間の共同作業 迅速に⾏われるようなCascade についての運用ル ールを作成した。この場合、個々のネッ ワーク事業者の⼿順だけでは十分ではなく、法的にネットワーク事業者をサポートする⼿ が必要で ある。ネットワーク事業者がそうした状況への準備を⾏えるよう、責任内容や反応 間および通信⽅法などの明確な表記が必要とされる。この 「電気エネルギー供給ネッ ワ クにおけるシステムの安全性のためのCascade ⼿順」(VDE-AR-N 4140)は、2017 年2 1 日に施⾏さ れた。ネットワークが危険状態または停止の際、ネットワーク事業者が協⼒で ることを定めており、役割分担についてもはっきりと定義され ている。これによりネットワー 事業者は誰がCascade を解決しなければならないか、いつだれがどのように対応するか いつ終了するかな どがわかる。そこではCascade がどのように使用されるかについての5 のシナリオが記載されている。

  • 発電超過または少なすぎるネットワーク負荷に対するネットワークの要因
  • 発電超過または少ないネットワーク負荷に対するシステムバランスの乖離
  • ⾼すぎるネットワーク負荷または少なすぎる発電に対するネットワークの要因
  • 電圧の問題

Cascade がいったん実⾏されると、遅延があってはならない。そのため、この運用ルールで それぞれのシナリオで対応順序をリストアップし ている。また、標準的なフォーム以外のコミュニ ―ション展開図も用意している。様々なフォームを用意することで、時間が問われる状況で のミスを防ぐ助けとなる。運用ルールでは、まず具体的な対応時間が記載されている。Cascade 各々の段階では、最大12 分の対応時間とな っている。多くの企業がこの時間的要求事項を 備しなければならないが、移⾏期間については2 年が設定されている。

この運用ルール“Cascade”(VDE-AR-N 4140)は、エネルギーシフトのシステムを準備する に必要である。具体的にはネットワークの危険 状態における横断的対応時間の基礎となる。こ 運用ルールはVDE-Verlag 社で入⼿可能である。

Important News for our Japanese customers