Several smart meter during testing
VDE
2017-01-31 75 0

VDE|FNN インテリジェント計測システムのサービス開始を発表

Contact

VDE Global Service Japan

エネルギー業界では、インテリジェント計測システム(電気計算機と通信モジュール)の公開 2017 年より始まる。エネルギーシフトのデジ タル化法は、2016 年9 ⽉に施⾏され、スマー メーターおよびそのプロセスの利用に関する必要条件を満たすことが不可⽋となった。法によ ると2032 年までにアナログメーターを交換しなければならない。ネットワーク事業者は2017   半にサービスを開始した。そして、大型消 費者(毎年>1 万kWh)および大型EEG 装置(7〜100kW)のインテリジェン 計測システムの導入が徐々に始まり、2021 までには毎年 >6000kWh の消費者へと拡大される エネルギー事業者の電気計測を可能にするのみならず、消費者にも数値の可視性を提供する

VDE|FNN では、インテリジェント計測システムに関する規格仕様書作成に取り組み、完成させた このFNN 仕様書は、異なるメーカーの装置の相互運 用性の基盤となり、使用者が異なるメーカーの装置を交換し、利用できる⼀助となる。

スマートメーターゲートウエイのサービス開始については、連邦情報技術安全局が法律に即して、少なくとも3 社の独⽴したメーカーに認証を
与えることから開始される。この認証はまだ準備段階である。最初の認証が与えられるのは2017 年度内を予定している。
インテリジェント計測システムの市場導入に関する質問は、2017 年5 ⽉10 日11 日にLeipzig で開催されるFNN の専門会議で議論される。VDE|FNN は引き続きドイツにおける相互互換性のあるインテリジェント計測システムの導入を推進していく。

Important News for our Japanese customers