調印式でのドイツVDEと北京CGC認定センター
VDE
2020-01-03 short info 58 0

中国東部初の国際および国内のVDEとCGS認証試験所の設立

2019年12月16日、慈渓市政府はドイツVDEおよび北京CGC認定センターとの調印式を開催し、主に家電製品と自動車部品産業に向けた試験と認定にフォーカスした、中国東部初の国際および国内の権威あるVDE&CGC総合試験所を設立しました。

Contact

Mr. Zhongxuan Wu

VDE&CGC東中国総合試験基地の設立は、近い将来、慈渓の企業が一流の国際的な試験および認証サービスを受けられることを意味します。試験基地は、主に家電製品と自動車用エレクトロニクス産業向けの試験および認証サービスを提供します。その中でも、ドイツ自動車局(KBA)に指定される技術サービス機関としてのドイツVDEの強みにより、電気自動車、自動車部品、充電インフラ分野の製品( Eマークなどを含む)にローカライズされた試験および国際認証サービスを提供し、「一つの認証グローバルコミュニケーション」を達成するため、地元企業のより効率的な国内市場拡大、欧州連合およびその他の国際市場へのより迅速な参入を支援します。

VDE&CGC東中国総合試験基地プロジェクトの完了後は、慈渓の企業製品の試験期間が大幅に短縮されることが予想されます。また、試験基地によって、地元企業はヨーロッパおよびその他の国際市場の関連製品の基準をタイムリーかつ明確に理解し、企業の製造レベルをさらに向上することができます。
加えて、慈渓は杭州湾グレーターベイエリア中心に位置するというロケーションの利点を最大限に活用し、慈渓基地を中心として、周辺の杭州湾グレーターベイエリアとその関連業界に試験と認証サービスを、変革とアップグレードとイノベーション開発のために提供します。

調印式には、慈民市党委員会副長官および慈西市長のXiang Min氏、
慈渓市役所長Hua Jiaping氏、党作業委員会秘書および慈渓ハイテク産業開発区管理委員会会長Huang Lei氏、慈渓市役所副所長Ding Xianglin氏、ハイテク産業開発区管理委員会副会長Wang Yichuan氏、VDE試験認証研究所理事のスヴェン・エールケ氏、北京CGC認定センター所長Qin Haiyan氏、そしてVDE中国のゼネラルマネジャー、Wu Zhongxuan氏が参加しました。

VDE研究所についての最新情報