家電世界地図
nosorogua / stock.adobe.com
2021-09-06

低電圧指令の評価が関連性と有効性の確認を行ないます。

EU指令は、立法の効率性と能力を保証するEU委員会のプログラム(REFIT)の枠組みの中で定期的に評価されます。評価は、欧州指令が今後も有効であることを保証するものです。低電圧指令2014/35/EU (LVD) のこのような評価が実施されました。

Kontakt

Dr.-Ing. Klaus Kreß

低電圧指令は、評価委員会によると引き続き重要であり、現行の形式で適合させる必要がありません。但し、委員会の一部の委員、とりわけ、消費者保護の委員は、所定の特にリスクのある製品については第三者によって義務的な遵守検査を受けさせる必要があると明言しています。専門家委員会の多数は、これに対して差し迫った理由がないと考えています。

検査者は、ワイヤレス通信の分野での開発に特に着目してきました。次第に多くの機器がワイヤレスインターフェースを利用できるようになっており、これにより無線装置指令2014/53/EU(RED)に分類されています。これにより確かにLDVの適用範囲は狭められますが、指令の規則は遵守されています。

二つ目のポイントは、オンラインビジネスが増加する中でのマーケット監視の維持に置かれています。この場合、電子取引を監視するEUの他の刊行物を参照するように指示されています。これによってLVDにある基準で十分であると考えられています。また、LDVの域内市場の強化機能が大きなウエートを占めているために、LDVの重要性がこれまでと変わりがありません。

とってどのような意味があるのでしょうか。

指令およびこれに随伴する一連の規格が変わらないために、VDE検査インスティテュー但し、消費者団体によって表明された第三者による遵守評価の要求は、独立した検査が消費者によって評価されており、消費者団体から求められていることを改めて示しています。

VDEインスティテュートについての最新情報