最新のIT技術によるエネルギー供給の安全と効率
Simon Kraus / Fotolia
2017-10-10 Seite 103 0

エネルギー供給会社

電力網とその送電線、スイッチギア、そして他の操業手段によって、発電と電力消費間の典型的インターフェースが成り立っています。

VDEの専門家の視点からすると、将来、中央型供給と分散型供給が共存するためには、最新のIT技術に基づくエネルギー管理が必要になってきます。将来は、広範囲にわたる自動化システムと保護システム、同様にリアルタイムの安全管理ににあるといえます。技術的挑戦と並んで、公共電力網の供給品質を確保することが重要になってきます

Contact

Katharina Heller

エネルギー供給会社はVDE検査済みの製品に信頼を寄せます

VDE機関は、再生電力源の規格化と検査により、鑑定を提供します。
Thaut Images / Fotolia

再生エネルギー源増加方向の流れに沿って、エネルギー供給会社は、VDE検査済み製品に全幅の信頼を置くようになってきています。そして、エネルギー供給会社は、私たちのノウハウを自社の計画に組み入れており、VDE機関に自社を認証させます。というのは、技術の一般規則の定義に始まり、規格化、さらにコンポーネント・器具・システムの全体的検査に至るまで、VDE機関は指導的機関に発展したからです。それは以下の領域にわたります

  • 太陽光発電
  • 風力エネルギー
  • 燃料電池技術
  • 分散型エネルギー供給
  • デジタル電力技術

ケーブル、保護デバイスまたは低圧用スイッチギアの安全性を確保したい場合は、VDE検査済みの製品に信頼を置きます。