あなたの製品やデバイスについて、環境への影響とIP/IK保護等級を試験します
VDE
2018-07-27 34 0

VDE研究所における環境シミュレーション+保護等級試験

電気製品は安全に動作しなければなりません。それは最適な外部条件の下のみでなく、極端な状況でも適用されます。VDE研究所は、環境の影響のあらゆる可能性をシミュレートする、数多くの環境シミュレーション試験および保護等級試験を実施しています。振動の温度変化から水や塵の侵入まで。

Contact

Hartmut Berndt

環境シミュレーションとIP保護等級

VDE研究所の最高レベルの環境試験
VDE

環境シミュレーションには、製品とその環境の相互作用を調査するためのさまざまな試験方法が含まれます。基本的に、環境シミュレーション試験は部品、機器、機械の製品安全性試験の一環として実施されます。ここでは、対応規格が製品に必要な性質を決定します。試験は開発段階中に実行することもできます。特定の製品特性を調査するための特別な試験を行うことも可能です。

保護等級とIKおよびIP保護等級の調査の際は、特に使用場所の決定が大事です。製品の種類と使用目的に応じて、特に電気機器や産業用システムでは特定の保護等級(IPおよび/またはIK)を遵守しなければなりません。

試験ラボでは、IPまたはIK保護等級を取得するために必要なすべての試験を実行できます。耐水は軽い降雨から完全な浸水までさまざまです。圧力室では、VDE研究所では最大50mの液浸と、その結果最大5barまで増加する圧力をシミュレートすることができます。塵の侵入は特別なダスト室で試験します。もちろん、接触保護も試験の範囲内に属します。試験探査機と国際的に規格化された試験指を使用し、VDEの専門家は通電しているか十分でない絶縁部品に触れられるかどうかを試験します。感電の危険性は排除しなければなりません。さらに、ハウジングの有害な機械的ストレスに対する保護レベルを確認します。これはIK分類において確定されます。
たとえば、機器が水、埃または異物の侵入から完全に保護されている場合は最高保護等級を与えられ、屋外での使用に適しています。

環境シミュレーションと保護等級のための幅広い製品範囲

保護等級取得のためのダスト室における環境シミュレーション試験
VDE

特に産業工学用製品は、熱、埃、湿気、または衝撃や機械的影響のような極端な状態にさらされることが多くあります。VDE研究所は、耐衝撃性、極端な高低温度、湿潤と高い湿度、太陽光線と振動の影響を試験します。当社の動力学的振動システムは、気候のストレスと組み合わせた振動試験を可能にします。

VDE研究所では、環境シミュレーションに関するこれらの試験やその他数多くの試験に加え、現行の規格、機能安全性、電磁適合性(EMC)、品質試験に必要となるすべての製品安全性試験を提供しています。

安全性試験は、産業技術の製品スペクトラムを完全に含んでいます。ケーブルと配線の負荷容量を試験します。当社の高電圧研究室では、変圧器と開閉装置を試験しています。さらに、電気モーター、産業用コネクター、電源に関する試験も行います。

消費者の信頼を得る

環境シミュレーション試験は、屋内外で使用できるかどうかについての情報を提供します
VDE

環境シミュレーションおよび保護の分野では、長年の専門知識を持つ有能なVDEスタッフと包括的な試験ラボをメーカーに提供しています。その際、電気技術装置、部品およびシステムの試験は、一方ではVDE、DIN、EN、IECおよびMIL規格に準じているが、他方では製造業者のカスタム基準に準じています。環境への影響が機器に与える影響がないことと、IKおよびIP保護等級の決定を確認すると、安全性と品質を確認するのは製造元だけではありません。VDEマークによって、製品販売者は製品が最新技術に準拠し屋内外で完全に機能することが保証されていることを確認できます。消費者はより多くの製品において、VDEマークなどの独立した試験マークに気をつけるようになっています。

当社のサービスの詳細

VDE研究所はすべての製品に腐食試験を行っています

腐食試験

塩水噴霧試験と結露/SO2二酸化硫黄。

VDE研究所はすべての製品に腐食試験を行っています

塩水噴霧試験と結露/SO2二酸化硫黄。

  • チャンバー温度80℃までの温度範囲
  • 最大500 kgの負荷
  • チャンバー容量3500 l、サイズ:2.20 m × 1.10 m × 1.00(1.40m)
  • 調整された湿度

 

 

 

VDE研究所は、さまざまな気候キャビネットで気候試験を実施しています

気候試験

温度と湿気のシミュレーション。

VDE研究所は、さまざまな気候キャビネットで気候試験を実施しています

温度と湿気のシミュレーション。

  • -70℃ 〜 + 180℃の温度範囲

  • 湿度範囲10 % ~ 相対湿度98 %

  • 温度変化率:最大10 K/min

  • 負荷:最大400 kg

  • 最大チャンバー容量2400 l

VDE環境ラボでは、動電的振動試験を実施しています

電気力学的振動システム

電気力学的励振器および気候のオーバーレイを備えた振動システム。振動試験の実施(正弦、広帯域ノイズ、共鳴探索、共鳴滞留、ノイズ正弦)、気候ストレスとの組み合わせ可能。

VDE環境ラボでは、動電的振動試験を実施しています

電気力学的励振器および気候のオーバーレイを備えた振動システム。振動試験の実施(正弦、広帯域ノイズ、共鳴探索、共鳴滞留、ノイズ正弦)、気候ストレスとの組み合わせ可能。

  • 最大ベクトル力:120 kN
  • 周波数範囲:0 ~ 3000 Hz
  • 最大振幅: ± 38 mm
  • 最大速度 3 m/s
  • 最大試験重量:400 kg
  • 最大スライドテーブルのサイズ 1.2 m x 1.2 m
  • 温度範囲:湿度なしで-70℃〜+ 180℃;湿度ありで+ 10℃〜+ 90℃
  • 温度変化率 最大15 K/min.
  • 温度 - 湿度範囲:+10 °C ~ +95 °C; 相対湿度10 % ~ 95 %
  • チャンバー容量 2200 l; サイズ:1.40 m x 1.40 m x 1.10 m
VDE研究所の環境試験センターでは、保護等級IP + IKを試験しています

保護等級 IP + IK

部品、ハウジング、空のハウジング、リソース、機器、モーターの異物や接触保護、防水(IPコード)を検査するための試験設備。

VDE研究所の環境試験センターでは、保護等級IP + IKを試験しています

部品、ハウジング、空のハウジング、リソース、機器、モーターの異物や接触保護、防水(IPコード)を検査するための試験設備。

  • ダスト室;試験室サイズ最大4.50 m × 3.00 m × 3.00 mまで;最大試験重量。1000 kg
  • 1.60 mの最大半径を持つスイベルチューブ。 360°までのスイング角度
  • IPX9K用高圧水試験装置
  • 吹出口
  • ダイビング装置 D x H:1.60 m × 1.60 m
  • 浸深最大100 m(1000 kPa)までの圧力槽。 D×H:1.60 m × 1.60 m

 

 

 

VDE環境試験センターで衝撃試験を実施しています

ショック試験

衝撃試験のための空圧式衝撃試験機。

VDE環境試験センターで衝撃試験を実施しています

衝撃試験のための空圧式衝撃試験機。

  • パルス波形:正弦半波/ノコギリ/長方形

  • 加速度:3000 m/s²(典型的な例:0.5msのパルス持続時間と負荷10kg)

  • 衝撃の結果:最大毎分4回のショック

VDE研究所のソーラーシミュレーションシステムでは、湿度の有無両方で試験します

ソーラーシミュレーション

気候ストレスと組み合わせられるキセノンまたはメタルハライドランプを備えたソーラーシミュレーションシステム。

VDE研究所のソーラーシミュレーションシステムでは、湿度の有無両方で試験します

気候ストレスと組み合わせられるキセノンまたはメタルハライドランプを備えたソーラーシミュレーションシステム。

  • 放射照度:800 ~ 1200 W/m²
  • スペクトラム:280 ~ 3000 nm
  • 温度範囲:湿度なしで-20℃〜+ 100℃;湿度ありで+ 15℃〜+ 80℃
  • 湿度範囲:相対湿度10 % ~ 80 %
  • チャンバー容量:600 l
あなたの機器の温度と温度衝撃に対する感度を検査させましょう

温度衝撃

温度と温度衝撃(1.40 m × 1.40 m × 1.10 mまで)のシミュレーション。

あなたの機器の温度と温度衝撃に対する感度を検査させましょう

温度と温度衝撃(1.40 m × 1.40 m × 1.10 mまで)のシミュレーション。

  • 2室の温度衝撃キャビネット(-80℃〜+ 220℃、荷重最大20kg、チャンバー容積120 l)

  • 3室の温度衝撃キャビネット(-80℃〜+ 220℃、荷重最大20kg、チャンバー容積120 l)

以下もご興味を持たれるでしょう