FuSiプロセスの表示
vege / stock.adobe.com
2021-02-05 Testing + Certification

機能安全 - VDEインスティテュートでの試験と認証

製品の安全性は今日、これまで以上に電気、電子、プログラム可能な電子システム(E/E/ PE)の機能の正確性に依存しています。誤作動は危険な状況につながり、人や投資を危険にさらす可能性があります。そのため、たとえ障害が発生した場合でもこれらのE/E/PEシステムの問題なく安全な機能が保証される必要があります。当社は法律で定められた要件から安全な実装まで、お客様とともに歩みます。当社の専門知識を活用し、製品を安全に設計して危険を回避してください。

Contact

Christoph Eggert

機能安全 - 重要な横断的テーマ

ハードウェアやソフトウェアの系統的な故障だけでなく、偶発的な故障は、感電、火災、爆発などの危険な状況につながる可能性があります。そのため、関連するEU指令(機械指令、低電圧指令など)に従って、技術文書には、上記の故障のリスクを損傷の程度と発生確率の観点から決定する適切なリスク分析が含まれている必要があります。この考察は、製品、サブシステム、またはコンポーネントのライフサイクル全体にわたって行われ、機能安全基準に従って機能的に安全な製品を開発するための基礎を形成します。特定された潜在的なリスクに応じて、機能安全規格では、製品開発中に適用および検証しなければならない特定のリスク低減手段を定義しています。

特に、リスクポテンシャルが高い場合は、VDE研究所のように認定された独立機関によって、リスク分析の検討と評価、およびその結果としての対策が実施されるべきです。

VDE certification mark on functional safety
VDE

VDEインスティテュートは、経験豊富なパートナーとしてお客様をサポートいたします

理想的なことに、当社の専門家は、開発プロセスの能力、製品の安全性だけでなく、開発全体を通して最先端技術への整合性を保証するため、開発段階からすでに関与することができます。開発の最終段階において、プロセスまたは製品が関連規格の機能安全要件をすべて満たしている場合は、証明書で確認できます。

VDEインスティテュート のテストマークが付いた 試験済み認定製品は、顧客にとって安全性と品質の高さ、そして容易な市場参入を意味します。証明書によって、承認マークを並べて製品に使用することができるようになります。

導入ワークショップや研修会などによって準備をサポートいたします。

ワークショップの詳細についてはこちらをご覧ください

機能安全の基準化

電気的、電子的またはプログラム可能な電子システムの機能安全性のさまざまな側面は、IEC61508の分野横断的な一連の標準規格に記載されています。この規格の適用範囲は、コンセプト、計画、開発、実装、試運転、メンテナンス、修正、運転停止から取り外しまでをカバーしています。

特別な製品分野のためのその他標準規格と規格は、IEC 61508シリーズの規格から派生しています。

メタ規格IEC 61508
VDE

製品グループ

当社の専門家は、特に以下の製品グループの製品について、機能安全性などの試験および認証を行っています。

実装への道のり
VDE

機能安全と情報セキュリティの違いとは?

安全とセキュリティの関連性
VDE

製品の機能安全性により、本製品が人、動物、環境にリスクを与えないことが保証されています。この種のセキュリティは、ある意味「機器から外部に」向けられています。

それに対し、情報セキュリティは、悪意のあるソフトウェアやシステムへの不正アクセスなど、外部から影響を受けないよう保証します。いずれも、システムの機能と安全が損なわれているか、機能不全の可能性があります。

これにより、両方のトピックエリア間にリンクが確立されます。監査中のシステムが、例えば安全関連の制御装置または安全装置のフィールド装置であれば、その機能の各障害も同時に(機能的)安全性の一つです。

情報セキュリティ/サイバーセキュリティ部門のスタッフとともに、 機能セキュリティとサイバーセキュリティの 全体的なアプローチを開発するためのお手伝いをしていただければ幸いです。

以下もご覧ください