Smart Homeを使用した快適な生活
ipopba / stock.adobe.com
2018-10-30 Prüfung + Zertifizierung 128 0

スマートホーム/スマートリビング – 試験と認証

自宅の機器とシステムはますます知的になっています。相互通信機能は自宅内の機器やシステムが超えなくてはならない最小のハードルです。Smart Homeのシステムと機器の製造元は、ソフトウェアおよびハードウェアに関して技術的課題に直面しています。VDE研究所の専門家は、開発段階においても製品にとって最も重要な要件をサポートします。

Contact

Dr. Siegfried Pongratz

なぜSmart Homeの機器を試験および認証しなければならないのでしょうか?

信頼あるVDE認定Smart Home機器
Image Source/F1online

光、暖房またはカメラなどをコントロールする知的機器は、住居の安全性および快適性を高めるように設計されています。しかしそれにより、消費者は自宅やアパートで時間とエネルギーも節約することができます。消費者はその際、より多くの疑問を持ちます。

  • うちの知的システムは安全?
  • 機器はどれぐらい使用できるか(継続使用時間)
  • 前後進行の互換性
  • 各機器間の相互互換性は?
  • 機器が自動的にスマートフォンと接続された場合、データは安全?
  • アプリ、インターネット、機器間の通信はどうなっている?ネットワーク接続された家への侵入を防ぐことができる?
  • サードパーティーがスマート機器を外部からコントロールできる?

VDE研究所は、Smart-Home-ソリューションの製造元が各デバイスやシステム全体に関するこれらの質問に答えるのをサポートするだけではありません。当社では独立した試験と認定により、回答を効果的に伝えるツールも提供しています。

VDE研究所は以下の試験および認証を行います。

VDE研究所におけるSmart Homeの機器およびシステムの試験
iconimage / Fotolia
  • システム全体の全情報の機密性、可用性および完全性を保護する情報セキュリティ。
  • 異なるSmart Homeシステムの機器を相互接続するためのユースケースに基づく相互運用性と適合性。
  • システムレベルでネットワーク化されたSmart Homeシステムの全システムの安全性を検証する機能的セキュリティ。

ソフトウェアの試験に加え、製品およびシステムが製品固有の安全およびEMC要件に準拠しているかどうかを試験および認定することもできます。

より高い安全性のためのSmart Home試験プラットフォーム

現在市場にあるすべてのSmart Home技術が、VDE研究所によって開発されたSmart Home試験プラットフォームによって評価、試験および認定されています。また、異なるメーカーのネットワーク化されたSmart Home製品の相互運用性情報セキュリティ、データ保護、機能的セキュリティの試験が行われています。これにより、各機器とシステムの相互互換性があるかどうかという疑問はクリアされます。

VDE研究所の専門家によって試験されたアプリケーションとシステムには以下が挙げられます。

  • ゲートウェイ(通信機器)、
  • バックエンド(クラウドシステム)、
  • アプリ(iOSとAndroid)、
  • セキュリティソフトウェアシステム(認証のための安全な電子識別用)

これらの試験では、製品コンセプトおよび実装での情報セキュリティの安全性対策方針が試験されます。また、ユーザーのドキュメントとデータ保護の技術的側面も試験の一部です。
試験は製造元との緊密な協力の下で行われます。目的は認証することだけではなく、製品をより安全にし、情報セキュリティをプロセスとして確立することです。

ビジネスイニシアチブSmart Living

ビジネスイニシアチブSmart Living
ZVSHK

ドイツをSmart Home使用の主要国際市場に発展させようとするSmart Livingのビジネスイニシアチブは、連邦経済省エネルギー省(BMWi)に代わって、Smart Livingのオフィスによって管理されています。

このイニシアチブのメンバーは企業や団体の代表者で構成され、一貫した分かりやすいSmart Livingのイメージを提供するために共に活動しています。彼らはテクノロジー、プラットフォーム、生態系そして世界的なSmart Livingの活動に関するノウハウを共有したいと考えています。メンバーはまた、Smart Living市場発展のための基本条件の政治的および経済的形成にも、密接に関わっています。

以下もご興味を持たれるでしょう