電波無響室での音響測定
freund-foto.de / stock.adobe.com
2018-05-04 Seite 60 0

音響と騒音 – VDE研究所での試験および認証

どのぐらい騒がしいのでしょう?私たちが日々使用する電気製品から発せられる音は、どのぐらいから健康を害するのでしょうか?電気器具および機械の音量に関して、どんな法的要件が満たされなければならないのでしょう?VDEの音響、騒音、振動測定の専門家は、その職業についてよく理解しています。このほかにも、最も正確な測定技術と最新の試験環境を備えています。

Contact

Tobias Daum

最新の測定技術による試験を提供しています

さまざまな基準、規制、ガイドラインによって、有害な騒音から消費者と環境が守られなければなりません。メーカーは、機器および機械が適用される規制およびガイドラインに準拠していることを保証する必要があります。VDE研究所は長年にわたって、顧客のために音響および騒音放射の分野での規格的および法的規制への準拠を試験してきました。音響試験は、精度クラス1の低反射半無響室(アブソーバーホールとも呼ばれます)にて、最先端の測定技術を使用して実行されます。これにより、通常は精度クラス2のみを提供する製品標準の精度要件は常に満たされるだけでなく、それを超えていることが保証されます。測定データはリアルタイムに処理することができるため、試験は迅速に完了し、試験結果も迅速に伝達されます。対応するVDE証明書は、VDEマークの付いたラベリングの付与を許可します。これは品質と安全性を表し、競争におけるアドバンテージを提供し、国際市場への参入を容易にします。

当社が提供するサービス

サービスには、音響、騒音、振動の分野で最も多様な試験が含まれます。タイプ試験は、屋外のガイドライン2000/14/EC、または音強パワーや音の強さの測定を必要とするその他のガイドラインおよび製品規格への準拠を確認します。さらに、家電製品産業用機器のEUエネルギーラベルの枠内でタイプ試験が行われています。

当社のすべての試験は、最終製品だけでなく、製品開発中でも実行できます。以下に挙げるほか、音響、騒音放射、振動試験に関連する全体的なサービスを行っています。これには、顧客仕様および現地での試験に従った測定が含まれます。

当社が提供するサービスの概要

  • DIN EN ISO 3745に準拠した測定室の妨げになる影響を避けることによる再現可能な測定(精度クラス1の低反射半無響室)
  • EU指令2000/14/ECのタイプ試験(「屋外ガイドライン」)
  • EUエネルギーラベルとECO設計指令の枠内でのタイプ試験。
  • サウンドパワーの特定またはオペレーターの耳での音放射レベルの測定を必要とするすべての指令および製品規格のタイプ試験
  • ナローバンド解析による雑音の調査
  • 開発に伴う試験
  • 機器と機械上の音源位置
  • EN 50332によるヘッドトルソシミュレーターを使用した携帯オーディオ機器およびヘッドホンの試験
  • ハンドヘルドツールの振動およびバイブレーション試験
  • 音質を評価する心理音響比較試験
  • 顧客仕様の試験

当社の測定および試験装置

音響測定のためのマイク
VDE

12 m(長さ)x 10 m(幅)x 6 m(高さ)のアブソーバーホールの内部サイズは、特に4 mのマイク半径を持つ包絡面測定法の実装を可能にします。 この測定距離はまた、特に屋外で使用される電気ガーデニングツールおよび林業機械のための「屋外ガイドライン」に必要となります。アブソーバーホールの内部レベルは7 dB(A)未満で、非常に静かな試験対象でも正確な測定を行うことができます。測定は最大20個のマイクを使用して行うことができます。

アブソーバーホールの音響特性は、ブラウンシュバイク物理的技術連邦機関(Physikalisch Technische Bundesanstalt Braunschweig、PTB)の受け入れ試験によって確認されました。最新のソフトウェアを使用すると、さまざまな評価オプションと表示オプションが提供されます。メーターは、IEC 61672-1:2002に準拠したクラス1の最高精度要件に準拠しています。すべての測定器は、DIN EN ISO/IEC 17025の認定を受けた研究所によって完全に回帰可能に較正されています。

製品規格の要件に応じて、壁の前で装置を測定するために、4.2m x 5.6mのまでの可変防音壁を設置することができます。

当社の測定装置は次を可能にします。

  • ノイズスペクトル分析
  • 構造上のノイズの測定
  • 音圧レベルの測定
  • 音の強さの測定

その他の当社の試験設備詳細

ヘッドホン

ヘッドホンの音量が大きすぎることによって、聴力に大きなダメージを与えることは頻繁に起こります。EN 50332は、ポータブルオーディオ機器とともにヘッドホンの最大ノイズの制限を設定する測定方法を定義しています。いくつかの国では、これらの制限の遵守は義務です。従って、EN 50332への準拠は多くのメーカーにとって非常に重要です。この方法には、最新の技術と要件を満たすヘッドトルソシミュレーターを使用します。測定はソフトウェアを介して完全自動化されています。

音源位置

製品開発者にとって特に興味深いのは、強度プローブを備えた音源位置です。この測定方法では、放射面における音の強さまたは音の強さを決定することができる2マイクテクノロジーを取り扱っています。これは元の位置としても使用されます。検査面のラスタースキャンを使用して、サウンドマッピングを行うことができます。強度に応じて、個々の測定ポイントに色が割り当てられます。この方法は、ノイズ放射における設備の弱点を可視化するために開発中に使用されます。

ナローバンド解析

VDEの実験室で使用されるその他の測定方法は、ナローバンド解析です。高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform、FFT)法を使用したこの解析は、被試験機器からの周波数分解能(1Hzまでの分解能)を生成します。調査では、離散励起周波数、高調波および側波帯を識別して表示することができます。この手順は、開発段階でも同様に、メーカーが干渉周波数を特定し、これを設計変更によって早期に排除するためにも役立ちます。

音質と心理音響学

家電製品から工具、車までの製品の音質は、レベルだけでなくノイズの発生方法までです。ここでは、顧客が製品を魅力的かそうでないかを判断することができます。正しい「サウンド」は、売上高の増加につながります。音質はまた、機器をその他多くから際立たせるのにも役立ちます。心理音響パラメーターの試験の場合、純粋にレベル、周波数、帯域幅、持続時間または変調度などの物理的パラメーターは、聴覚に関連するパラメーターにマッピングされます。その際、他の感覚から独立して評価することができる複数の物理的サイズが心理音響学的サイズに影響します。心理音響学で聴覚関連の音分析および評価の基礎として使用される感度係数は、騒々しさ、鮮明さ、粗さ、調性、衝動性または振動力を含みます。VDE研究所は、さまざまなメーカーの機器を心理音響パラメーターと比較して評価する比較試験を提供しています。

電源設備

可変電流および電圧電源では、お客様の特別な試験要件をカバーすることもできます。75kWまでの可変電源(DCから5000Hzまで)の連続電力

  • 水、排水、圧縮空気の接続
  • 排気抽出システムは、内燃機関を備えた機器の試験を可能にします
  • 空気調整された試験環境
  • 任意に重畳された電圧形または電圧曲線を持つ可変電源

以下もご興味を持たれるでしょう