電動ヤスリ
Dex Image / Alamy
2018-06-08 Seite 30 0

電動工具 - VDE研究所での試験と認証

電動工具は、日曜大工であろうとプロであろうと、容易で効率的な作業を可能にします。しかし、特にこれらの製品グループでは高い安全性を設定する必要があります。というのも、安全要件が満たされていない、または実装が不十分である場合、特にけがのリスクが高まるためです。

Contact

Christian Lütkemeier

中立的なVDE研究所は電動工具に必要とされる安全要件を認識しています。安全性および有用性の試験は、日曜大工でも専門家でも、その電動工具を信用できるかどうかについての情報を提供します。

当社はあなたの工具試験のパートナーです

電動工具は安全性、有用性、電磁気性において適している必要があります。ツールを世界中で生産する企業は、グローバルバリューチェーンの一環として重大な課題を克服しなければなりません。特に、上昇する価格への圧力は、疑わしい生産者が低品質でときには危険な材料を使用するリスクを高めます。

それらの工具は、手工業や日曜大工の要件を満たす場合のみ、市場に出すことができます。当社は、要求されるすべてのガイドラインと法律を遵守し、規範的な要件を満たすことをサポートします。さらに、当社の専門家は有用性の面において、カスタム要件について製品を試験します。

バッテリー動作

リチウムイオン電池は、コードレス工具を小型化および軽量化し、耐久性をアップするとともに多用途化します。VDE研究所では、ドライバーやその他のバッテリー動作を保証するため、最先端の試験技術を用いて幅広い特別試験を実施しています。

有用性

ユーザーにとって電動工具の使用を本当に容易にするため、機器が使用に適している必要があります。「VDE Quality Tested(品質検査済)」ラベルを取得するためには、VDE研究所の試験官が次の事項を調査します。

  • 機能
  • 操作と人間工学
  • 加工品質
  • 持続性
  • 性能
  • 腐食挙動

モーター

安全な使用を確実にするため、VDEの専門家たちは規範要件に従って電動工具に取り付けられたモーターを試験しています。さらに、耐用性やエネルギー効率などの品質特性およびメーカーの特別な要望などもこれらに加わります。その際、試験はモーターの特定の機器での意図的な使用および一般的使用に合わせて調整することができます。

振動と騒音

振動と騒音は、電動工具を使用する際にネガティブな副現象となります。工具の性能や操作性を失わずにこれらを可能な限り削減することは、製造元の要求定義書に属すことです。精度クラス1の音響ホールおよびハンドアーム振動の現代的な測定技術を使用し、VDE研究所は、ユーザーフレンドリーな製品の開発と建設に信頼できる測定データを提供するために最高の設備を備えています。

製品範囲

ドリルを扱う顧客
Digital Vision / F1online

VDE研究所は以下の電動工具のための広範囲にわたるサービスを提供しています。

  • コードレスドライバー
  • ベルトサンダー
  • ドリルと回転ハンマー
  • フライス盤
  • 丸のこ
  • ジグソー
  • アングルグラインダー
  • チェーンソーなど、ガーデニングや芝生のケア用に使用されるすべての電動工具

当社が提供するサービス

当社の認証

VDE Mark on a product
VDE
  • VDE、VDE-GS、VDE-ENEC、VDE-EMC、VDE Quality Tested(品質検査済)、特別な製品性質のVDE特別証明書
  • CB認定証、CCC、EAC
  • EU適合証明書

品質マーク「VDE Quality Tested(品質検査済)」を取得するには、安全性とEMC要件および製品固有の品質基準を満たしている必要があります。VDEの消費者試験と使用シミュレーションでは、製品の市場性についての情報も提供されます。

 

証明書に関する詳細はこちらをご覧ください。


以下もご興味を持たれるでしょう