車は充電スタンドにあります
Petair - Fotolia
2018-05-30 Prüfung + Zertifizierung 142 0

モビリティと充電インフラ - VDE研究所での試験と認証

自動車および充電インフラ内のエレクトロニクスは、障害なしで確実に機能する必要があり、そのため絶対に安全でなければなりません。バッテリーおよび制御の管理同様、使用するコネクター、スイッチ、ケーブルが事故の際や事故後も車両の安全を保証する必要があります。

Contact

Tobias Daum

機能の障害は、同乗者やその他の関係者および救助者にとって致命的な結果をもたらすことがあります。VDE研究所による試験と認定によって、ドライブが電気式か燃料供給式かにかかわらず、障害のないモビリティが保証されます。充電インフラ、充電スタンド、ウォールボックスのネットワーク全体において、サイバーセキュリティおよびITセキュリティ試験の形で、外部からのデータセキュリティと脆弱性もチェックされます。ここでは、国内および国際規格委員会への積極的な参加によって常に最新の調査結果や傾向を試験に組み込むことができるVDEの専門知識が顧客の役に立ちます。VDE研究所は、製品の開発段階の早期でも、最終承認(検証)試験およびその後の市場監視業務でも、第一に選択される有能なパートナーです。

車両、その部品、充電インフラの試験と認証

各自動車に設置された電子部品は、電気安全の試験が行われ、様々な環境シミュレーション手順が実施されます。

VDE研究所は、連邦自動車交通局(KBA)から指名された技術サービスとして、電気自動車、軽電気自動車(LEV)およびPedelecがUN ECE-R10による電磁気適合性(EMC)に関して安全かどうかを確認します。従来の車両の部品(EUB =電子サブアセンブリ)も、ECE-R10または工場出荷時の標準規格またはメーカーおよび供給業者の供給仕様に従って、VDE研究所によって試験されます。

低電圧および無線規格(RED)による適合宣言の対象となる規格も同様に使用することができ、その適合性が確認されます。無線モジュールまたは無線機器内蔵のETSI(www.etsi.org)に準拠した整合規格がない場合、指令2014/53 / EU(RED)に基づく認証機関は顧客にソリューションを提供します。同様に、指令、規格、メーカー仕様および供給規則に基づく車両とその部品の電気安全は非常に重要であり、これも同様に試験されます。

VDE研究所は数十年にわたる電気安全試験の経験から、電気自動車に付属するウォールボックス、ACおよびDC充電スタンド、冷却された高電力充電システムおよび充電ケーブルセット(IC-CPD)で充電インフラを試験しています。これは徹底的に試験され、認定を受けた誘導充電システムにも適用されます。充電スタンドに設置された電力メーターにとって、VDE研究所はMID指令(2014/32 / EU)に準拠した認証機関であり必要な試験と適合性評価をすべて実行できます。

もちろん、顧客は製品の開発段階において包括的な試験オプションを利用することができます。

車両の分野では以下の製品をチェックしています

  • 燃料電池
  • 二重層コンデンサ、スーパーキャップなど
  • 電気自動車
  • 電子&電気機械部品/自動車エレクトロニクス
  • ケーブルと車両ケーブル
  • 充電コネクター/車両インレット
  • ライト/ウィンカー
  • ナビゲーションおよびオーディオシステム
  • オンボードおよびオフボード充電器、整流器とインバーター
  • スイッチング素子、例えばリレー、スイッチ、ヒューズなど
  • ミラー
  • アクチュエータと可変速ドライブ、センサー
  • トラクションバッテリー(Li-Ion)およびそれらのバッテリー管理システム(BMS)
  • 接続および連結技術、プラグ(-システム)
  • ECE-R28による音響信号試験

充電インフラの分野では以下の製品をチェックしています

当社は、従来の車両および電気自動車の試験および認証のためのこれらおよび他のサービスを提供する

  • 音源場所を含む音響測定(クラス1基準室)
  • バッテリー管理システム(BMS)付き/なしの(リチウムイオン)バッテリー
    - 安全試験、UN 38.3による輸送試験
    - 性能試験
    - 破壊試験(過酷試験)
    - 1.000V/250A(または500A)まで
  • 化学試験
    - RoHS
    - REACH SVHC
    - PAK
    - 問い合わせに応じてその他の試験
  • e1マーク
  • 充電ケーブル、ウォールボックス、充電スタンドの各国の認定の取得
  • UN ECE-R100による電気試験
  • ECE-R10によるEMC試験
  • すべてのプロジェクト段階における開発付随試験と環境試験
  • 製品開発プロセスおよび設計チェックにおける専門知識
  • 機能安全
  • 情報およびデータセキュリティ あるいはサイバーセキュリティ試験およびITセキュリティ試験
    - 通信機器(つまりゲートウェイ)
    - クラウド/バックエンドシステム
    - アプリケーション(アプリ)
  • e-モビリティの使用分野における測定機器および付属機器の適合性評価
    - EMC試験、環境および気候試験、ならびに測定および較正法の要件に従った機械的試験
    - モジュールDの測定および較正規制(MessEV)と欧州計量器規制(MID)による品質保証の認定監査
  • Life Cicle Assessment(ライフサイクルアセスメント)
  • 規格コンサルティングと規格解釈
  • 世界中の市場参入条件のリサーとおよび確認
  • ECE-R28による音響信号試験
  • 電子部品の安全性、材料および環境試験
  • リスク分析の作成におけるサポート
  • 検証および承認試験
    - 製品規格と配送規制および個々の顧客カスタマイズ、UN ECE-R100、UN ECE-R28に準拠した電気安全
    - UN ECE-R10による連邦自動車庁(KBA)の技術的サービスとしての電子部品および車両の全体的な挙動面の電磁適合性(EMC)

VDE - 自動車と電気自動車の認定されたパートナー

充電スタンドの電気自動車
Petair / Fotolia

VDE研究所は連邦自動車庁によってカテゴリーAとDの技術サービスとして指定されています。

KBA(連邦自動車庁)によるこの指定により、VDE研究所はe1マーク取得のためのe-車両の試験を実施することができます。基盤は道路交通許可規則、車両部品条例、欧州共同体の指令および規制および欧州連合欧州連合経済協定(ECE規則)の条項に です。

VDE - Eモビリティの使用分野における測定機器および付属機器の適合性評価機関

VDE研究所は、連邦経済技術省によって測定器カテゴリー「Eモビリティ使用分野の測定機器および補助機器」に認定されている数少ない適合評価機関の1つです。当社は、これらの較正法適合性をチャージングポイントオペレーター(CPO)またはEモビリティープロバイダー(EMP)の会計システムで使用するため、充電スタンドとウォールボックスのマーケティングの際にメーカーをサポートします。

PedelecsとEバイク

PedelecにおけるEMC試験
VDE

メーカーと消費者は、電動自転車の安全な使用と、運転者やその環境にとって脅威を与えないことをますます求めています。安全を確定するために、PedelecとEバイクは自転車の機械的要件を満たすだけではいけません。それ以外にも、モーターやバッテリーからケーブルおよび配線、スイッチに至るまで、その安全性を確認する必要があります。

VDE研究所では、長年の経験を持つ専門家がこれらすべての試験を提供しています。

特に次の製品機能を試験および認証します。

モバイル機器の機能安全

この関連においては、モバイル機器はバッテリー駆動のモータースポーツ機器、例えばEバイク、ホバーボード、または民間ドローンが挙げられます。これらは主に専門知識のないユーザーによって公共の場で使用されるため、セキュリティに関して高い要件が求められます。

機能安全試験では、車両が定義された条件下で安全であることを確認します。予測可能な誤使用、重要な部品の故障率、開発および生産における体系的な障害が含まれます。それ以外にも、CE適合宣言の一致がチェックされます。これは、メーカーと販売業者が注意義務を確実に果たしたことを保証します。

以下もご興味を持たれるでしょう