スポットライト
anghinet / adobe
2018-05-29 66 0

照明器具 - VDE研究所での試験と認証

照明製品の市場は複雑です。LEDの導入以来、不可能なことは何もないように見えます。しかし、質の高い製品はどような違いがあり、どこで認識できるのでしょうか?品質とは本当は何を指すのでしょう?

Contact

Christian Lütkemeier

消費者にとって品質とは、製品が全体において安全であることです。さらに、高品質の製品は耐久年数が長く耐久性および電磁適合性を特徴としています。当社の証明書やマークによって、メーカーは顧客に信頼できる製品の品質を示し、競争において際立つ存在となります。

その際、既存および新しい製品の市場にふさわしいマーケティングのためのさまざまな規格とガイドラインは浸透しづらいのです。国際的に認知されたサービスプロバイダーとして、当社は厳しい規制によってお客様の製品を安全かつ有用に市場に投入するサポートをしています。

当社はあなたの照明器具試験のパートナーです

吊るす電球

スマートライト

スマートライトは、高いエネルギー効率でのユーザーの生活やニーズへの光の適応を保証します。たとえば、光の色を制御することで感情に影響を与えることができます。

吊るす電球

スマートライトは、高いエネルギー効率でのユーザーの生活やニーズへの光の適応を保証します。たとえば、光の色を制御することで感情に影響を与えることができます。

市場参加者にとってこれは次のことを意味します。新たな可能性およびITセキュリティ、相互運用性、機能性、有用性、耐久性、性能の面での新たな挑戦です。

電球を手に

自然光力学 – ヒューマンセントリックライティング(HCL)

光は健康に大きな影響を与えます。人間のバイオリズムは、私たちが日中置かれている照明状況に従います。新しい照明の傾向は、バイオリズムに影響を与える必要があります。

電球を手に

光は健康に大きな影響を与えます。人間のバイオリズムは、私たちが日中置かれている照明状況に従います。新しい照明の傾向は、バイオリズムに影響を与える必要があります。

これにはそれぞれのアクティビティに適した光の色が含まれます。照度の高いクールな白色光は目覚ましと作業を容易にし、光の強さを減らした暖かい白色光は、リラックスを促し、睡眠の準備に役立ちます。色温度および照度は、眼内への入射角などその他の要因になります。

HCL照明器具の要件は

  • 動的な昼/夜の光
  • 優れた色品質機能
  • 時間で変更可能な色温度と照度
  • ユーザーカスタムの照明

HCL照明器具の試験および認証には、適用可能な安全基準および性能特性に従った製品安全性が含まれます。これには光スペクトルの測定および生体リズムに対する作用が含まれています。

再生可能エネルギーのシンボル

持続可能な照明器具

エネルギーは希少な商品です。したがって、自然資源の保全は私たちの共通の課題です。そのため、持続可能性が電気製品の購入においてますます重要な役割を果たすのです。

再生可能エネルギーのシンボル

エネルギーは希少な商品です。したがって、自然資源の保全は私たちの共通の課題です。そのため、持続可能性が電気製品の購入においてますます重要な役割を果たすのです。

当社は、製品のエネルギー効率を効果的に支えるエネルギーラベルなど、あなたの製品と起業にとって持続可能性がさらに多くを意味することの文書化をサポートします。また、当社はカーボンフットプリントと、安全性と電磁両立性(EMC)のテーマを超えたその他の多くのソリューションにフォーカスし、お客様の製品の全体的なバランスを提供しています。

持続可能性とエコデザインの分野における当社のサービスについてのその他の情報

導管

光の最適な性能/パフォーマンス

特にLEDの導入によって、性能は高品質製品の決定的な差別化要因となりました。技術の変化の過程で、消費者は製品の性能を比較することはほとんどできません。

導管

特にLEDの導入によって、性能は高品質製品の決定的な差別化要因となりました。技術の変化の過程で、消費者は製品の性能を比較することはほとんどできません。

現代の光実験室には、製品を試験し高性能製品を作り出すためのノウハウと必要な設備があります。当社は光の生物学的効果を試験し、そのスペクトル特性を特定します。柔軟で速く世界中に存在します。

変角光度計での光の測定

測光学と分光光度法 - すべての照明器具メーカーにとって必須

測光学と分光光度法は、照明産業にとってどんどん重要になってきています。通常、演色性と配光の透明な評価は販売に不可欠です。

変角光度計での光の測定

測光学と分光光度法は、照明産業にとってどんどん重要になってきています。通常、演色性と配光の透明な評価は販売に不可欠です。

ランプおよび照明器具の性能特性のすべての側面をカバーする独立した試験要件を満たすため、VDE研究所は測光および分光測定試験センターを運営しています。サービスの範囲は光生物学的安全性の評価についての光束測定、演色指数、スペクトル値配分と色温度から、光分布曲線の検出および空間的に解像されたスペクトル分布の測定までに及びます。

誰でもVDEの照明機能ラベルの恩恵を受けられます

輝く電球を吊るす
stockphoto-graf / Fotolia
  • VDE Quality Tested(品質検査済)は、市場で最高の品質と信頼性を持つ優れた製品のためです。これには安全性、EMCと性能基準およびErP規制に準拠する試験が含まれます。それは世界で最も高い評価を得ています。
  • VDEの特性ラベル「Photometric Properties(光度特性)」は、製品データの透明性と信頼性をユーザーに示します。
  • VDE特性ラベル「Tested Light Distribution(試験済配光分布)」は、照明プランナーの信頼できるデータを表します。これは配光、光束、放射角についての情報を提供します。
  • VDEの特性ラベル「ErP Compliance(エネルギー関連製品コンプライアンス)」は、お客様の製品が該当するErP(Energy-related Products)規則に準拠していることを示します。これはエネルギー消費に関連する製品の環境に優しい設計に関するものです。

当社はお客様の製品を試験および認証します

変角光度計での光の測定

VDE研究所は部品から完全な照明システムまで、ランプと照明器具に特化した製品試験と認定を提供しています。

  • 省エネランプ 
  • ランプソケット 
  • LEDランプ 
  • LEDモジュールおよび操作機器 
  • LED管 
  • 発光 
  • 街灯用照明器具
  • 非常照明システム用の照明器具 
  • ハロゲンランプのコンバーター 
  • 磁気または電子バラスト 
  • 分岐システム 
  • その他の照明器具部品

Zhaga仕様による試験

LED照明エンジン(LLE)におけるインターフェースの標準化は、照明業界の企業が合併したZhaga Consortiumの目的です。基本的なアイデアは、迅速な革新および開発サイクルの正当化、多種多様なLEDモジュールを相互に組み合わせ可能にすること、そしてLED技術のさらなる進歩です。

LED照明エンジンは、少なくとも1つのLEDモジュールで構成され、場合によっては制御機器と組み合わせることができます。目的は、交換性を実現するために、LED光エンジンのインターフェース、つまり機械的、熱的、電気的および測光的インターフェースの統一化です。これは、新しく開発されたより効率的な世代と、異なるメーカー製品のどちらについても実現されるべきです。この標準化を実現するため、Zhagaは「Books」という仕様を開発しています。メンバー企業は、自発的にこれらの仕様を適用することができます。しかしその目標は「Books」を国際的なIEC規格に移行することです。

製品のこれらの仕様への適合性を確認するため、Zhagaは独自の試験および認証手順を開発しました。Zhaga Consortiumに所属する企業は、Zhagaロゴを保持する資格を与えるいわゆるロゴライセンス管理者(LLA)の証明書を受け取ります。前提条件は、対応するLLAとのライセンス契約であり、Zhagaのメンバーである必要があります。また、「Testing Center Agreement(試験センター契約)」を完了した認定試験実験室だけが試験を実行できるように規定されています。そのため、認可された試験機関としてのVDE研究所は、LED製品に関する適切なZhagaの「Books」に従ってすべての試験を実施することができます。

以下もご興味を持たれるでしょう